このブログは、49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。

 


 

お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

 

佐賀県唐津市にある『道の駅桃山天下市』は、目の前にコンビニエンスストアと地元のマーケットがある車中仮眠泊に適した環境にあります。

 

「表側の第一駐車場は傾斜があるけど、第一駐車場の一部と第二駐車場は平坦なので、車中仮眠泊も大丈夫かも…」

「地元スーパーが目の前なので割引シールが貼付される瞬間を見逃すことがないし…」

 

とても便利な環境にある道の駅を利用することは、大変に心強いものです。

 

プロドライバーさんも利用する『道の駅桃山天下市』なのでした。

 

 




 

 

佐賀県唐津市にある『道の駅桃山天下市』は名護屋城や波戸岬など観光スポットの直ぐそばに所在!

大阪城に次ぐ大きさを誇った名護屋城と波戸岬を楽しめる『道の駅桃山天下市』

名護屋城といば、豊臣秀吉が朝鮮出兵のための拠点として築いた陣屋を中心としたお城。

 

全国各地から大名が集まったお城のため、広大な敷地のいたるところに大名ごとの陣屋が築かれました。

 

道の駅桃山天下市のすぐ裏手にも陣屋跡がある環境。

 

歴史好きの方には大変興味深い史跡ではないでしょうか。

 

▼国民宿舎波戸岬にある北条氏盛の陣屋跡です。現在は建物はありませんが、陣屋の基礎部分や陣屋の敷地を見ることができますので、実際のお城の建屋を見るよりも当時を想像してしまう感覚です。

 

『道の駅桃山天下市』では海産物を中心に魅力ある商品が販売!

呼子の港が近いということで、やはり、海産物を中心とした商品が販売されています。

 

朝早くから地元の漁師さんが水揚げされたお魚を道の駅に納品するため、専用のトラックが頻繁に行き来しています。

 

価格としては激安ではないとは思うのですが、クオリティが高い海産物を安心して入手できる点は素晴らしいと思います。

 

もちろん、海産物以外にも農産物もたくさん販売されていますので、確認されると良いかと思います。

 

▼普通の市場の雰囲気が漂う道の駅の販売コーナーです。

 

▼直売処は道の駅桃山天下市ならではの光景!

 

▼本館裏には物産館があります。当然地元中心の物産が販売されていますが、とても綺麗な館内でまるで百貨店の空気感がありました。スタッフさんがフォーマルなイメージを持っておられたことが印象的でした。トイレの清潔感は特筆する点です。※写真は営業前の時間帯です。

 

▼物産館の裏手の中庭もくつろげるスポットです。気候のいい季節の利用は素敵ですね。

 

道の駅の道路反対側にはコンビニエンスストアと地元のマーケットがある環境は便利!

道の駅の道路反対側には、コンビニエンスストア(セブンイレブン)と、地元マーケット(まいづる9)があります。

 

車中仮眠泊をする際に、二つの施設があることは本当に心強いものがあります。

 

地元マーケットまいづるは、海産物を中心に安価な惣菜がたくさん販売されていますので、夕方以降の割引シールをお目当てにタイミング良く多数回訪店するのも良いかもしれません。

 

また、コンビニエンスストアは、深夜でも営業されていますので、緊急的に水分や食料品や薬品類など購入することが可能ですね。

 

ファミリーで車中仮眠泊を実施する際には、心強いお店だと思います。

 

さらに、マーケット(まいづる9)の隣にはドコモショップがありますので、携帯電話機器の調子が悪くなった場合や付属品の購入なども可能ですから、これは便利だと思います。

 

車中仮眠泊で通信機器類はとても大切なデバイスですから…

 

周辺環境がとても良い『道の駅桃山天下市』だと思います。

 

▼地元の方が多く利用するマーケット。日常生活用品はほぼ全て入手可能かと思います。

 

▼地元から愛されていることがわかるマーケット『まいづる9』

 

車椅子利用の方に優しい移動ルートの明示に感服!

道の駅の施設で感心したことがありました。

 

それは、車椅子など歩行に困難な方のために安全に移動できるルートが明示されていることです。

 

もともと安全に配慮された歩道の中で、さらに車椅子専用のルートを明示するという配慮に感服。

 

脳卒中(脳出血)を発症している私は、歩行困難な時期を体験しただけに、このような配慮には嬉しさを感じます。

 

▼歩道に誘導する明示がありましたので、何だろうと看板を見たところ…

 

▼おもいやり駐車場と歩道との間を誘導するルート案内でした。各所で優先駐車場はありますが、優先駐車場からの移動ルートを明示している施設は初めて見ました。確かに論理的ですね。

 

駐車場は傾斜箇所を避けることで快適な車中仮眠泊は実現可能

第一駐車場の道の駅建屋側の傾斜はキツイですが…

さて、車中仮眠泊をする上で気になる駐車場…

 

第一駐車場の8割程度には、かなりの傾斜がつけられていることが分かります。

 

でも、車中仮眠泊をする際に、駐車場の傾斜はさけたいもの…

 

そこで、平坦部分を探してみると、第一駐車場の端の方と第二駐車場はほぼ完全な平坦が確保されていますので、このエリアを利用すると問題ないのではないでしょうか。

 

▼道の駅施設全体の位置図。第二駐車場の存在が意外に知られてないような印象です。

 

▼第一駐車場です。再奥は最も傾斜がきつくなっていますが、トイレ付近や第一駐車場の最端は平坦が確保されています。

 

▼この辺りが第一駐車場の最端。もしかすると唐津上場商工会の駐車場かもしれませんが、境界の明示がありませんので、こちらを利用させていただきました。

 

▼第二駐車場の看板です。

 

▼しっかりと案内されていますが、意外に知られてないかもです。

 

▼完全に平坦な第二駐車場。私はこちらを利用するのが好きです。道路に面してませんから走行音は皆無です。

 

▼第二駐車場ですが夕暮れになりますと、物産館の雰囲気が良くなってきます。

 

▼夜間のトイレです。コンビニエンスストアの真ん前ですから、夜中の利用でも安心感は高いと思います。特に女性利用は安心ではないでしょうか。

 

▼夜中ですがコンビニエンスストアの明かりが照らされていて安心感が強いです。

 

道の駅近隣の入浴施設は複数あるものの今回は国民宿舎波戸岬の日帰り入浴を利用!

国民宿舎波戸岬と台場の湯のいずれを選択するか迷った結果…

車中仮眠泊では日帰りの温泉や入浴施設が気になるところです。

 

道の駅桃山天下市には隣接した入浴施設がありませんので、付近の施設を探すことに…

 

すると、ざっと調べた感じでは…

 

・国民宿舎波戸岬

・台場の湯

 

二つの施設が目にとまりました。

 

ただ、よく確認してみると、両施設とも天然掛け流し温泉ではないことから、今回は国民宿舎波戸岬を利用したのです。

 

ワンコイン以下で利用できる国民宿舎波戸岬は、道の駅からも近いので利用価値は高いと感じました。

 

次回は、台場の湯を利用したいと思います。

 

 

国民宿舎波戸岬の日帰り入浴の記事は以下をご覧下さい。

▶︎国民宿舎波戸岬の日帰り入浴は嬉しいワンコイン!ゴマージュも

 

 

▶︎「でなおし」ブログの道の駅など車中仮眠泊まとめ記事もご覧ください!

 

 

施設情報

所在地 佐賀県唐津市鎮西町名護屋1859

施設名 道の駅桃山天下市

電 話 0955-51-1051