このブログは、2015年に49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。

 


 

お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

 

どんなときもWi-Fiのサービス終了から、ブロードワイマックス(ギガ放題)に切り替えて2ヶ月が経過。

 

「速度制限があるので、完全使い放題ではないけど…自分には実害ないな〜」

「3日で10GBの速度制限を体感するけど…全く問題ない感じ^^」

 

ブドードワイマックスのギガ放題プランに加入した私は、OSのアップデートYouTubeを見たりすると、3日で10GBの速度制限にかかることが多くなっています。

 

使用開始から2ヶ月使用しましたので、速度制限について振り返りたいと思います!

 

 




 

 

ブロードワイマックスギガ放題!〜速度制限でも実害ないかも〜

結論的には、ブロードワイマックスギガ放題の場合、3日で10GBを超えた速度制限を受けても、普通にインターネットが使えている状況なのです!

 

私のインターネットの使い方は?

・ブログ作成

・YouTube作成

・iCloud利用に関わるアップロードとダウンロード

 

これらが、私のインターネット利用のメインとなるものです。

 

このほか、メール送受信などありますが、データ量としては、それほど多くはありませんので、インターネット全体として考えると、ヘビーユーザーではない私の利用となります。

 

ブロードワイマックスギガ放題で、3日で10GBを超えたときの制限とは?

・18時〜翌日2時頃までに、下り1Mbpsの速度制限を受ける

 

つまり、速度制限を受ける時間帯が終日ではないということです。また、速度制限を受けてない時間帯は、普通にインターネットが使えますから、18時〜翌日2時頃のみ意識すれば、実害を体感しないことになります。

 

この制限がブロードワイマックスの特徴と言えるものかもしれませんね。

 

18時〜翌日2時頃までの制限中の動作状況は?

では、速度制限を受けている時間中の動作状況についてですが、確かに、下り1Mbpsに制限されているので、大きなデータをダウンロードしたりすると、時間がかかってしまいます。

 

また、YouTubeの動画をHDで見ると、固まることがありますので、小さなサイズで見るようにしています。

 

なお、ブログの作成に関しては、制限時間中でも問題なくインターネットが利用できている状況です。

 

18時〜翌日2時頃までの制限時間以外の時間帯の動作状況は?

まったく問題なく使えます。

 

驚きの3日で10GBの速度制限なのですが、制限時間以外の時間帯は、本当に、まったく普通に使えるのです。この点が、月間データ無制限と言われる根拠になっているのですね!

 

そういうことから、私のインターネットの使い方を前提に考えると、ブロードワイマックスのギガ放題は事実上使い放題ということができます!

 

3日で10GBの制限を受けてしまう私の具体例は

3日で10GBの制限を受けてしまうシーンとしては、マックブックやiPhoneのアップデートなど、一定の使い方をした場合があります。

 

マックブックやiPhoneのアップデートをしたとき

・マックブックエアーやマックブックのOSのアップデートをしたとき

・iPhoneのアップデートをしたとき

 

OSのアップデートに関しては、データ量が多いことは分かりきってはいるものの、セキュリティなど考えると、これは必須の作業。定期的にやってくるアップデートのサインが到来するたびに、3日で10GBの制限を承知の上でアップデートしています。

 

macOS Big Surのアップデートでは、マックブック1台のアップデートで12GBをダウンロードしたので、一発で速度制限の対象に。ブロードワイマックス端末の赤表示が気になって仕方ない状況でしたが、速度制限期間中(正確には、速度制限時間中ですね)もインターネットが普通に使えているので、全く問題を感じてないのが実情です。

 

アイクラウドに画像や動画がアップデートされたとき

・ブログ作成用に、オリジナルの画像を大量に撮影する

・YouTube用に、動画を撮影する

 

画像と動画は、iCloudに保存しているので、撮影するたびにクラウド上にアップロード。直ぐに各デバイスにダウンロードされるので、自ずとデータ量が増えてしまいます。

 

とくにYouTubeの動画の場合、かなりのデータ量になりますから、このシーンも3日で10GBの制限にかかってしまうことに。ただ、上記したとおり、制限時間中でもインターネットが普通に使えている状況なので、実害を感じることはありません

 

3日で10GBの制限を受けているときに配慮することは

上記のとおり、3日で10GBの制限を受けてても、普通にインターネットが使えると紹介しました。

 

ただ、速度制限を受けている期間(正確には制限を受けている時間)に、配慮していることがあります。それは、制限されている時間中は、OSのアップデートや動画のアップロードをしないことです。

 

・下り1Mbpsの速度制限

 

このスピードは、YouTubeの動画を見る程度であれば、実害なくインターネットが利用できるものの、OSのアップデートや動画のアップロードをすると、限りなく時間を要することになるので、これは不便なことに。

 

なので、この点のみ使いづらいというか、配慮しているというか…

 

逆にいうと、これ以外に使いづらいことがない3日で10GBの制限!ということができます。

 

▼マックブックのOSのアップデートしたところ、速度制限の対象になっています。

 

 

下記は、ブロードワイマックスに関連する私の記事です。ご覧いただけると幸いです。

 

▼ブロードワイマックスのサービスエリアは、市街地では問題ないものの、地方や山間部では意外にエリア外になることがありますので、工夫しながら使っています。

(S)ブロードワイマックスのエリアは狭い?〜地方では狭いけど〜

 

 

▼ブロードワイマックスの端末設定から、WiFiの周波数を5GHzへ変更したところ、速度が3〜4倍程度早くなった記事もご覧ください!

(S)ブロードワイマックスWiFi周波数を5GHzへ変更!早い!

 

 

▼どんなときもWiFiのサービス終了で、ブロードワイマックスギガ放題に変えた記事です!

(S)どんなときもWiFi代替プラン!〜ブロードワイマックス〜

 

 

▼私が加入したブロードワイマックス。月間データ量に制限がなく、3日10GB制限は18時〜翌2時頃まで(この間下り1Mbps)の時間帯のみですから、使いづらさを感じないのでした!

 

BroadWiMAX

 

 

まとめ

ヘビーユーザーでない私にとっては、事実上、使い放題的なサービスを受けているブロードワイマックスギガ放題。

 

速度に関しても、不満点はありませんので、今後しばらくはブロードワイマックスを使うことになるかと思います。

 

ただ、サービスエリアに関しては狭いと感じる部分もありますので、この点は、別記事にてレビューする予定です!