このブログは、49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。

 


 

お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

 

四国香川のうどんと並んで大変興味があった徳島県のうどん。

 

今回は、鳴門に近いうどん店『うどんやいのうえ』を訪れてみました。

 

田んぼの中にポツンとあるお店に驚きますが、徳島ならではの酢橘(すだち)をかけていただくと、本当にすっきりとした味を楽しむことができたのです。

 

「香川のうどんとは全く異なる味と食感は楽しいね!」

「酢橘(すだち)がこんなにも美味しいとは知らなかった…」

 

たくさんの発見があった『うどんやいのうえ』

 

口コミで高評価が多い理由がわかったような気がしました。

 

オススメの徳島県のうどん店だと思います。

 

 




 

 

徳島県徳島市にある人気のうどん店『うどんやいのうえ』

畑や田んぼの中にあるお店で迷う可能性もあり?

少し前までは、本当に田んぼや畑の中にポツンと存在した『うどんやいのうえ』。

 

今は、表の通りから進みますと、新しい住宅地の中を進んでいきますから、昔の面影はないそうです。

 

なので、グーグルマップなどで目的地を設定し、写真のとおりに走行することで、迷わずお店に到着しますからご安心を。

 

ただ、私は反対側から進入したので、とても狭い道をとおり、最後はマンションの駐車場の中を通過しながら店に到着しました(途中切り返しが必要な小さな交差点がありましたので、キャブコンやバスコンの方はご注意ください)

 

お店はプレハブですので、一見すると…

 

『あれ?お店はどこ?』

 

ってなりますが、これは私のように逆から進入した場合のこと

 

普通にお店に到着すると、広い駐車場がありますから、迷うことはないと思います。

 

▼電柱の下に看板が出ていますから、これを左折します。

 

▼左折すると突き当たり付近が『うどんやいのうえ 』です。

 

▼未舗装の駐車場ですが、広いので駐車には問題はないと思います(ただ、混み合う時は駐車場がせまいかもですが…)。

 

▼プレハブには大きな『うどん』がありますので、ボルテージも上がります。

 

駐車場は一定の広さがあるので問題ないと考えていいかも…ですが…

上述しましたように、基本的には一定の広さが確保されている駐車場。

 

私がお店に到着した14:00頃には問題なく駐車できたのですが11:00頃…

 

つまり、開店直後などは、大勢のお客さんが列をなすを聞きますので、その時間帯は要注意かもしれません。

 

ただ、回転が早いので、意外に自分の順番が早く到来するうどんでもありますから…

 

待つもの体験の一つかもしれません。

 

▼営業時間は開店から売り切れと明示されています。私が訪店したのは14:00前頃。私の注文で売り切れました。

 

選択したメニューは『かまたま(小)』!

うどんそのものを楽しみたいと『かまたま(小)350円』を選択!

実はこの日…

 

『うどんのいのうえ』を訪店する前に、香川県の『谷川米穀店』で、うどん(小)を食べていた私。

 

・香川のうどんと徳島のうどんを比べて見たい…

 

そんな気持ちが正直あったのです。

 

なので、選択したメニューは『かまたま(小)』。

 

なるべくうどんそのものを楽しみたいという考えですね!

 

トッピングや天ぷら類が豊富なので、うどんそのものよりも、それらを組み合わせながら味を楽しむというイメージ。

 

『徳島のうどんは、やはり香川のうどんとイメージ違うね〜』

 

同行の家族と話しながら注文を完了したのでした。

 

注文から直ぐに『かまたま(小)』が提供!カウンターに取りに行きます!

注文すると、自席で待ちカウンターに取りに行くというシステム。

 

かまたまの卵は、温かい麺の下に忍ばせてあります。

 

なので、自分が食べることには、半熟とまではいきませんが、かなり温かい卵に…

 

着座して食べ始めるまでの時間を考慮した『かまたま』だと思いました。

 

さて、早速いただきますと…

 

・麺が細いので、卵や醤油がよく絡んで良い感じ!

・コシがありながらも優しい麺の素晴らしさ!

・徳島特産の酢橘(すだち)の香りがスッキリとしたうどんに変化!

・唐辛子がこんなに良いとは…驚く!

・うどんに酢をかける?さっぱり感の食文化

 

本当に美味しいと感じることができたうどんですから、これはオススメですね。

 

また、トッピングが多いにも関わらず、意外に安価な料金設定にも好感が持てます。

 

初めて体験した徳島県のうどんでした。

 

▼ネギや天かすなど、お好みに合わせてですが、私はうどんの麺そのものを楽しみたいと思いましたので、最初は少なめに投入しました。

 

▼徳島県の特産といえば酢橘(すだち)。初めて体験します!

 

▼最初は酢橘をかけずにいただきます。麺の下にある卵を混ぜ混ぜしながら醤油をかけます。ネギと天かすは少量で!

 

▼次に赤唐辛子と酢橘を投入!酢橘のスッキリとした柑橘系の味と香りに本当に驚きます。

 

▼完食しました。本当に美味しい『うどんやいのうえ』!

 

香川のうどん『谷川米穀店』よりも麺は細く…

上述しましたように、当日の朝一番で、香川県で有名な『谷川米穀店』でうどんを食べていた私です。

 

なので、香川と徳島のうどんの違いを楽しむことができました。

 

・麺が太い『谷川米穀店』はうどんそのものを楽しむイメージ

・麺が比較的細い『うどんやいのうえ』は酢橘やトッピングなどでうどん全体を楽しむイメージ

 

それぞれ異なる印象を受けました。

 

いずれも個性のあるうどん屋さんですから、訪店する価値は十分にあると思います!

 

 

▼香川で有名なうどん店『谷川米穀店』の投稿もご覧ください。

(S)香川県『谷川米穀店うどん』の待ち時間は短くてオススメです

 

 

▶︎「でなおし」ブログのグルメまとめ記事もご覧ください!

 

 

店舗情報

所在地 徳島県徳島市川内町平石若宮163

店舗名 うどんや いのうえ

電 話 088−678−4157