お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

長崎県平戸市生月島に所在する道の駅生月大橋

これから始まる生月島観光の休憩スポットとして最適な位置に所在している道の駅です。

生月島観光の最初に訪れたポイントでした。

▼目の前に大きなトラスト橋である生月大橋。道の駅の名称が「生月大橋」ですから橋と駅がセットになっているイメージです。南国の樹木がある独特な雰囲気の道の駅です。

夕日が素晴らしく綺麗な道の駅「生月大橋」

の駅の名称に橋そのもの名前が付されていることに、実は凄い驚きを感じたのです。

それほど、生月大橋との関係が深そうな道の駅ではないかと想像してしまいます。

生月島は大変有名な観光スポットで、夕日が素晴らしい景色が多数紹介されています。

しかし、道の駅生月大橋そのものが夕日に生える美しいスポットとしての紹介が少ない気がしていて…

この点では残念でなりません。

それほど、実は綺麗な夕日が味わえる道の駅なのです。

道の駅から見る海に沈む夕日と鮮やかに色づく生月大橋のコントラストは大変感動するものです。

是非、太陽が沈むところを道の駅生月大橋で見ることをおすすめいたします。

▼日中の道の駅生月大橋です。雲が出ていますので天候によって雰囲気がガラリと変わります。私はこのような雲り空も好きです。雲に露出を合わせていますので全体に暗いイメージですが、実際はここまで暗くありませんからご安心ください。とても印象的な海です。

道の駅生月大橋からの夕日です。サンセットスポットとしては案内されてない様ですが、私はおすすめだと思います。道の駅から見える風景としては最高ではないでしょうか。海岸線の遊歩道にはベンチがありますので、家族とともに座りながら沈む夕日を眺めることも最高だと思います。

車中仮眠泊をするとすれば…

私は2019年春頃にキャンピングカー(バンコン)が納車されますので、現在は車中仮眠泊をできる立場ではありません。

しかし、せっかく道の駅に立ち寄ったので…

キャンピングカー(バンコン)で車中仮眠泊をすればどうだろうか…

と考える様にしています。

そこで、私なりに道の駅生月大橋で車中仮眠泊するつもりで考えてみました。

駐車場

決して広大な駐車場とは言えませんが、大型車・普通車が区分けされている駐車場です。

全体に大きな傾斜はありませんが、生月大橋側が少しだけ高くなっていますので、若干の傾斜があるかもしれませんが問題ないレベルだと思います。

暴走族などのタイヤ痕はありませんから、夜間トラブルは多くはないと思います。

▼生月大橋がすぐ後ろにあります。夕日の頃はとても綺麗に橋が浮き上がります。

トイレ

当然ながらトイレは完備されています。

日中は観光バスが立ち寄り観光客さんがトイレを利用していますので、清掃は行き届いていますから清潔感は十分です。

入り口のステンレス製の扉の下の方が錆びが一部発生していることを見ると海水の影響があるのではと思います。

それほど、海に近い位置関係の道の駅です。

仮眠泊(車中泊)においても不安なくトイレは使用できると思います。

 

▶︎「でなおし」ブログの道の駅など車中仮眠泊まとめ記事もご覧ください!

 

その他

生月大橋が直ぐ後ろにあることから、車両が生月大橋を走行するタイヤ音を感じることができます

ただ、夜間帯における生月大橋を通行する車両の数は少ないでしょうし、橋の継ぎ目を乗り越える際に発するガタン!という音はなかったので問題はないと考えます。

キャンピングカーであれば、ある程度の断熱加工(防音加工)がされていると思いますので、車両の騒音は気にならないのではないでしょうか。

また、道の駅生月大橋には入浴施設はありませんし、生月島にも日帰り入浴施設はなかったと思います。

したがいまして、入浴は平戸温泉まで行かれた方が良いかと思います。

施設情報

所在地 長崎県平戸市生月

施設名 道の駅生月大橋

電 話 0950-53-2927