お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

メルセデスベンツC220dのキー電池は、納車時(二つのキー)に装着されていた電池をそのまま使用していました。

しかし、納車から6ヶ月程度経過したある日

キーの電池を交換してください

とメッセージが表示されました。

キーの電池の平均的な寿命は、1年程度と説明されていたので、この事象には意外に感じたものです(初期装備されていた電池ですから、本来の使用期間ではないのかもしれませんが…)。

出先でキーの電池が寿命を迎えると、少々厄介なことになると聞きましたので、年が替わる大晦日に二つのキーの電池を交換した次第です。

キーの電池が容量不足になると

「キーの電池を交換してください」とメッセージされる

ある少々寒い日のこと…

キーの電池を交換してください

と表示がされました。

ディーラーさんの納車時点の説明によれば…

キーの電池は1年程度は使えます

と聞いていたので、このメッセージは意外に感じたものです。

しかし、最初に装着されていた電池だけに「お試し」イメージと考えると、それはそれで納得できた次第です(寒い日に電池寿命が到来することは一般的なことなので違和感はありません)。

ただ、「来年春頃に電池交換をすればいいかな」と思っていたものですから、その程度の違和感ですから大して問題はありません。

メルセデスベンツの表示されるメッセージを無視すると、大きな交換部品が発生することは承知してましたから、表示後直ぐに対応することにしました。

そのまま使い続けると

当然のことですが、メッセージを無視して使用し続けると電池寿命の到来となりキーが使用できなくなります。

そうすると、キー内部に保管されているエマージェンシーキーの使用をせざるを得なくなります。

このキーを使用することに違和感ない方は問題ないのですが、私の場合、エマージェンシーキーを使用した際の不都合な点をマニュアルで読んでしまった以上、そのような不便なことはしたくないと思うようになったのです。

意外に多い不都合な点…

知りませんでした。

交換する電池と交換方法

交換する電池は「CR2025」

さて、実際の電池交換ですが、この年末(具体的には大晦日)にキー二つとも電池を交換しました。

二つある一つのみ電池残量のメッセージが表示されたわけですが、同じタイミングで使用開始したキーだけに、少ししてもう一つも電磁残量表示されるのではと思い、両方とも交換することにしました。

なお、使用する電池はリチウム電池の「CR2025」です。

今回は、SONYのCR2025

比較的低廉な価格で販売してましたので、5個まとめ買いをしました。

使用期限は表示されていない商品したが、通常は2〜3年間は保存可能でしょうから、問題なしと判断しました。

なお、リチウム電池は誤って飲み込むと、消化管で電池の液が粘膜と反応して、消化管本体に穴を空けるなどの事故が発生していますから、取り扱いには十分な注意が必要です。

電池の交換の実際

では実際に電池交換をするために、マニュアルを確認してみました。

そうすると、エマージェンシーキーを本体から取り出し、それを利用して電池の蓋を開けるようです。

ぴったりと閉まっている蓋の取り外しはどうするのか興味深かったのですが、エマージェンシーキーを使用するとは意外でした。

早速指示通りにやってみますと、直ぐに蓋は取れて…

「さすがドイツ製といった具合かな」

と感心していたのもつかの間、蓋が取れた次のステップで…

電池が落ちるまでたたいてください

との指示。

「たたく」という表現がとてもマニュアル的でこれには思わず苦笑してしまいました。

たたく回数は2、3回だったと思いますが、これも指示通りにすれば電池は落ちます(くれぐれもたたく際には、キー本体を机の角などにぶつけないようにご注意下さい)。

電池を外した後は、プラス側が見える方向で新しい電池を挿入し、蓋を取り付けて終了です。

なお、終了後の確認として、開錠または施錠ボタンを押下して、短時間にランプが点灯するか否か確認する必要があります。

私の場合は、二つとも無事確認が取れ、全ての作業が終了しました。

キーの二つ使い

納車時点で取得するキーは二つなので、一つを普段使用し、もう一つは保管用にされている方が多いと思います。

しかし、私の場合は、一つを常時携帯するバックのポケットに入れ、もう一つを運転する際にポケットに入れるという使用をしてます。

二つとも普段から使用することで、二つ同時に電池の寿命が到来することはないですから、この点は安心です。

なお、ポケットに入れるキーには、丈夫な携帯ストラップを取り付けていますから、落下や紛失の防止に役立ってます。

このように、常に二つのキーを使用していることから、キーの電池を二つ同時に取り替えたわけです。

 

 

▶︎「でなおし」ブログの自動車まとめ記事もご覧ください!

 

まとめ

意外に早いタイミングで、初回電池交換の時期が到来しましたが、外出中での電池切れ出なくてよかったと思います。

電池は1年程度は使用できるとの情報ですから、次回の交換は平成29年の大晦日を予定しています。

大晦日に電池交換すると決めていると、年中行事になるので、交換そのものを忘れないのかもしれません。