このブログは、49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。

 


 

お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

 

先日、家族が使用しているiPhone6sのバッテリー交換を依頼した際に発覚した『マザーボードの不良』。

 

「大切に取り扱ってもマザーボード不良が夫婦二人とも発生するとは…」

「マザーボードの取り替えは高額な修理費がかかるし…でも今はiPhoneは使用てきているし」

 

私たちが所有しているiPhone2台ともにマザーボード不良が判明したことで、デバイスに対するイメージが少し変化したような気がします。

 

ガラケーとは全く異なるデバイスですから、それなりの認識が必要かもしれません。

 

一台のデバイスを長くある程度の割り切り感なども必要なのでしょうか…

 

 




 

 

使用開始から2年経過したiPhoneXに発生していた『マザーボードの不良』

使用開始から2年を経過した私のiPhoneX。

 

この2年間トラブルなく、本当に問題なく使用できていたのですが…

 

たまたま、Apple正規プロバイダのエンジニアさんからのご指摘で判明した『マザーボードの不良』

 

水没や落下、画面の傷など一切ない状況で使用してきたのですが、致命的な不良がiPhone本体の解析ログに記録されていたのです。

 

『いつ、動かなくなってもおかしくありません』

 

という説明に衝撃を受けたのでした。

 

解決策としてご教示いただいたのは…

 

『バックアップを頻回にすること』

 

完全に納得した私は、早速バックアップを実施。

 

バックアップは直接の対策ではありませんが、万が一の際にはデータが復旧できますから、被害は最小限に抑えることができるとのことらしいです。

 

私のiPhoneXが、いつ不良に至っても良いように準備をすることが大切なようでした。

 

Appleサポートに相談してみたところ…

せっかくなので、今回の事象をAppleサポートに相談してみたところ次のような説明をいただきました。

 

・認証やカメラなど不具合の症状がない状況で、マザーボードの不良はあまり聞いたことがない

・通常使用に支障ないのに、マザーボードの不良はあまり聞いたことがない

・水没や落下、本体の傷がないのに、マザーボードの不良はあまり聞いたことがない

 

このようなご説明。

 

『…あまり聞いたことがない』という一言は、ご担当の方の経験上は皆無で、他の担当者レベルではあるかもしれないというニュアンスです。

 

それを聞いた私が考えたのは…

 

『通常は、iPhoneの症状が出た場合に、Appleサポートなど技術的な確認を行うので、その時点でマザーボードの不良が確認できるはず。でも、今回のように無症状のiPhoneをエンジニアの方に確認してもらうことは、通常はないので、実は、マザーボードの不良で無症状なiPhoneは意外に多く存在するかもしれませんね?』

 

そのようなお話をしながら、Appleサポートの担当者さんとのお話は終了したのでした。

 

私として完全に納得しながら、今後のデバイスの使用法(買い替えのタイミング)を考える良い勉強になったのです。

 

Appleのご担当者さんに感謝いたします(本当に勉強になりました)。

 

使用中のiPhoneXをどうするのか…

私なりの結論ですが…

 

このままiPhoneXを使用することに。

 

そこで、万が一、iPhoneXが使用できなくなった場合のパターンを考えました。

 

・型落ちで安価で販売されているiPhoneXRやiPhone8などへ買い替え

 

これが私には最も適しているのではと考えた次第です。

 

動画やゲームなどの使用はありませんし、iPhone本体の動きが少々遅くても特段問題には感じませんので、型落ちiPhoneの購入。

 

新品のiPhoneであれば初期不良などの保証設けられますので、少なくとも使えなくなったiPhoneXを修理するよりはメリットが大きいと思います。

 

iPhoneXが壊れないことを願うばかりですが…

 

iPhoneバッテリーの交換を依頼した投稿もご覧下さい。

▶︎(S)iPhoneのバッテリー交換!カメラのキタムラ!電話予約で

 

まとめ

iPhone本体の心臓部にあたるマザーボードの不良。

 

デバイスとしては、致命的な不良ですが、現在までのところ症状は皆無という点は不思議な感じもします。

 

今の時点で下取り買い替えも良いかとは思うのですが、このまま症状がでないことを願いながら、バッテリーを長持ちさせる使用(20〜80%の範囲で充放電すること)を継続したいと思います。

 

無症状のマザーボードの不良があることに、とても驚いた私でした!