このブログは、49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。

 


 

お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

 

iPhone6sの使用開始から3年6ヶ月が経過したところ、バッテリーの調子が悪くなりました。

 

私の家族が使用しているiPhoneなのですが、1日2回程度の充電をしなければ使用できない状況に…

 

IOSのバッテリーの状況を確認してみると、最大容量が78%と表示されていたのでした。

 

「最大容量が80%を切るとバッテリー交換が推奨されているから交換時期到来かな…?」

「Apple直営店は自宅から遠いので、カメラのキタムラなど正規サービスプロバイダだと安心!」

 

今回、カメラのキタムラ久留米店さんでバッテリー交換を依頼

 

インターネット予約など苦手な中高齢な私ですので、電話予約も可能だったカメラのキタムラに好印象でした。

 

新型のiPhoneなどデバイスの価格が上昇していることや、バッテリー交換の手間が意外に小さいことなど考えますと、バッテリーを交換する価値はあるような気がしました。

 

ただ、iPhone本体のマザーボードが不具合ということで、今回はバッテリー交換は控えることに…

 

iPhoneなどのデバイスに関する勉強になったのでした!

 

 




 

 

3年6ヶ月間使用したiPhone6sのバッテリーの使用状況とバッテリーの状態は…

家族が使用しているiPhone6sのバッテリーの使用状況(3年6ヶ月間連続使用)

購入から3年6ヶ月間連続使用しています。

 

毎日長時間ディスプレイを見ている状況で、購入から2年経過した頃から…

 

『電池が持たなくなって…充電しながら使っているよ〜…』

 

と家族が言うのです。

 

最近はキャンピングカーの助手席でiPhone6sで検索してもらうことが多いので、バッテリーの減りは本当に便利が悪いこと痛感。

 

家族の充電の方法は、毎回100%までフル充電を行いますので、バッテリーの劣化が著しかったのかもしれません(私は20〜80%の範囲の中で充放電を繰り返しますので約2年経過したiPhoneXのバッテリーの状態表示は97%です)

 

いよいよバッテリー交換かと思い、バッテリーの表示を確認してみました。

 

iPhone6sのバッテリーの状態表示

早速、iPhone6sの設定メニューからバッテリーの状態を確認すると…

 

お使いのバッテリーは著しく劣化しています。…最大容量78%

 

最大容量が78%なのに、充電しながらでないと使えないほど劣化している。

 

正直驚きでした。

 

アップル社のホームページによると、最大容量が80%を切るとバッテリー交換が推奨されているようなニュアンスを受けますので、やはり交換のタイミングかと…

 

定期的にバッテリーの状態表示を確認することも大切ですね。

 

なお、iPhoneのバッテリーの状態表示を確認する手順は次のとおりです。

 

・設定→バッテリー→バッテリーの状態

 

これで最大容量が表示されていますので、バッテリー交換のタイミングを検討する情報としては役立ちます。

 

▼最大容量が78%と表示されたバッテリーの状態表示。著しく劣化とも表示されてしますので、少しショックではありますが…

 

バッテリー交換はApple正規サービスプロバイダの『カメラのキタムラ久留米店』に依頼!

バッテリー交換作業の日時を電話で予約

AppleIDを活用してインターネットから交換作業のスケジュールを入力する方法が一般的だとは思うのですが、何せ、インターネットに不慣れな中高齢な私ですから、直接電話で確認したり予約したりと、人間系の手法でないと不安感が増大するタイプ。

 

なので、『カメラのキタムラ久留米店』に直接電話を入れ予約をしました。

 

すると、Googleマップで検索した電話番号は、お店の代表電話でして掛け直しのお願いをされる始末…美味しがしいところ申し訳ありません。

 

Apple正規サービスプロバイダの窓口(カメラのキタムラ久留米店)は…

 

0942−22−6163

 

最後の一桁が3ですね。

 

私と同様にカメラのキタムラ久留米店の代表電話番号にかける方が多い印象を受けました。

 

早速、正しい電話番号に掛け直しますと、慣れた対応で次の項目について説明があり、電話予約完了したのです。

 

・数日後以降の日程で交換作業日を予約(既に数日間の予約は埋まっているため)

・前日にiPhone6sの交換用のバッテリー在庫があるか否か電話で確認すること(お店からお客さんへ電話することはできないため前日の電話確認が必要→必ずしも必要な電話ではないもののできれば電話を入れたほうがいいというレベル)

・バックアップしておくこと

 

意外に簡単な項目だったので、すんなりいきそうなイメージを受けたのです。

 

交換に必要な書類や要件など…

交換作業に必要な書類や身分証明書など確認したところ、以下の項目を説明されました。

 

・当日はAppleIDとパスワードが必要になること

 

この一つで対応可能とは驚きです。

 

携帯電話会社であれば、身分証明など必須と理解していたのですが、AppleIDだけで良いとはですね。

 

なので、誰でも問題なく交換可能と考えます。

 

実際の交換時間は1時間30分程度という説明を受けました!

バッテリー交換にかかる作業時間は、全体で1時間30分程度と説明されました。

 

・事務手続きが30分程度

・交換作業が1時間程度

 

なので、合計1時間30分程度ということですね。

 

事務手続きが30分程度必要とは、これは意外に長いと感じましたが…

 

実際にカメラのキタムラ久留米店でiPhone6sのバッテリーを交換してみました…ところが!

手続きはスムーズに進捗!しかし…

訪店すると、受付カウンターに案内をされました。

 

手続きはタブレットで確認しチェックマークを入れていくという方法。

 

熟読するとかなりの時間を要しますから、ポイントのみ抑えながらチェックを入れていくことに…

 

全体としてスムーズに進んだと思います。

 

ただ、その後の技術スタッフさんによるiPhone本体の履歴確認で、デバイスの不具合が発見され…

 

驚きました!

 

▼カメラのキタムラ久留米店。一瞬どこから入るのか分からなかったのですが…よく見るとドアのガラスに『カメラのキタムラ』と表示されていました。

 

▼受付時に確認が必要となる免責事項でしょうか。タブレットを使ってチェックしていきます。これが意外に時間がかかってしまいました(私が慣れてないだけのことです)。

 

▼最後に『同意』にチックを入れて手続きが完了!あとはバッテリー交換の実作業を待つのみのはずでしたが…

 

iPhoneの履歴確認の結果2箇所に不具合が…

マザーボードの不具合履歴があったのでバッテリーは未交換に…

手続きが完了すると、技術スタッフ(多分エンジニアの方です)さんがこられました。

 

『iPhoneの確認をしましょう』

 

iPhoneの履歴?でしょうか…

 

ものすごい速さでスクロールしながら、iPhone本体に表示される履歴を確認すると…

 

『二つのトラブルの履歴が確認できました。マザーボードの不良と思われます』

 

衝撃的な説明でした。

 

依頼したiPhone6sは使用開始から3年6ヶ月程度の時間は経過しているとはいえ、バッテリーの減り以外ではトラブルは皆無でしたので…

 

その結果、バッテリーの交換を推奨できないという判断でしたので、とりあえず、バッテリー交換はキャンセルすることにしました。

 

バッテリーの減りについては、充電回数を頻回にするなどして使用しながらも、万が一、iPhoneが稼働しなくなった場合は、買い替えをしたほうが賢明という説明に完全に納得したのです。

 

無理にバッテリー交換や騎手の交換を勧めない技術スタッフさんに大変好感を持ちました。

 

マザーボードが不良に至る原因は様々だとは思うのですが、元々の製品不良の可能性も排除できないので、何とも複雑な心境です。

 

保証期間も過ぎていますので、マザーボードを交換するだけで3〜4万円必要ですから、買い替えという選択肢には合理性があるような気がします。

 

※不具合の確認方法はiPhone本体の設定から入ります。ここで不具合の解析を確認するらしいのですが、私が見ても不明ですね…何が表示されているか意味が不明でした。

設定→プライバシー→解析および改善→解析データ

 

このまま使用し使えなくなった時は買い替えすることに…

技術スタッフさんとも検討したのですが、今回のiPhone6sのバッテリー交換は控えるとして、このまま使用していると、マザーボードが不良に至っているので、いつ稼働しなくなるか不明だということ…

 

予防策として、バックアップを頻回に行い突然の不良に備えることが大切だという結論に達しました。

 

つまり、稼働しなくなればその時点で機種変更をするということですね。

 

デバイスの不具合は避けれれないので、対処をどうするのか…

 

実際の使用法を考える必要がありそうです。

 

私のiPhoneXを見ていただくと…3箇所に不具合が…

知らぬ間にマザーボードの不具合が発生することを知ってしまった私は、現在私が使用しているiPhoneXの状態が気になったのでした。

 

そこで、iPhone6sの対応をしてもらった技術スタッフさんに私のiPhoneXを見てもらったのです。

 

すると…

 

『不具合が3つありあります。マザーボードの不具合ですね。iPhone6sよりも重症だと考えます』

 

本当ですか!?

 

思わず、つぶやいたのでした。

 

私のiPhoneXは使用開始から2年経過したばかり…

 

今までトラブルは無く、落下や水没など皆無でした。

 

充放電はバッテリー容量の20〜80%の範囲で繰り返すなど、バッテリーの保護は十分な配慮をしていたのです。

 

『バッテリーの劣化はありません。理想的な使用法であることが記録されています』

 

そんなことまで分かるのかと驚くばかりですが…

 

現在のところトラブルが無いiPhoneXですが、これもいつ稼働しなくなるか全く分からない状況ということですから、万が一のトラブルに備えバックアップは頻回にしたいと考えました。

 

もし、稼働しなくなった時は買い替えをするしかないと考えます。

 

マザーボードの不具合であれば、下取りもできないでしょうから…

 

まとめ

マザーボードの不具合に至っているとは思いもよらないことがわかった今回の出来事…

 

二つのiPhoneが二つともマザーボードの不具合とは、なんとも複雑な気持ちですが、デバイスと考えると不具合の可能性は理解しなければなりません。

 

大切に使用してもマザーボードなどデバイスの不具合に至ることを考えて、買い替えタイミングや保証サービスの活用など考えたいと思います。