お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

平成12年式日産ウイングロードを…

ついに!

廃車しました…

走行距離は24万キロを超えていましたが、調子は絶好調。

本当に惜しい感じがするのですが、車検切れ直前たったこともあり…

とうとう手放すことにしたのです。

約19年間、本当によく走ってくれたと思いますが、これはディーラーさんが推奨したメンテナンスを忠実に実行してきたことが大きな要因と考えてます。

大切に扱えば、20年越え、24万キロ越えが実現できるんだと驚きます。

忍びない気持ちでしたが、ディーらんさんへ手続きをお任せいたのでした。

▼ディーラーさんへ廃車手続きを代行していただきました。持ち込みは息子が行って最後の記念撮影でした。ポリマーコーティングを施工していたので、クリア層は未だ健在です。

平成12年式日産ウイングロード最後の記録

走行距離…246,318km

所有期間…約19年

▼ディーラーさんで撮影した最後の走行距離。本当によく走ってくれました。

平成12年に新車登録しましたので19年所有していたことになります。

20年近く経過すると本当に旧車という感じですが…

ボディ全体にポリマーコーティングを施工していた関係で、表面のクリア層は健在。

手を入れた分だけの効果は残っているんだと感心したのです。

走行距離については、単純に走行距離を所有年数で除すと…

1年間で12,964km走行。

通勤や旅行で使っていた関係で比較的に距離が伸びたのかもしれません。

19年と24万キロ越え…

実現できたことに驚きました。

今まで実施した主なメンテナンス

所有していた19年間にどのようなメンテナンスを行ってきたのか振り返ってみました。

・エンジンオイル交換(5,000km毎交換)

・オイルフィルター交換(10,000km毎交換)

・スパークプラグ交換

・オートマオイル交換

・サイドスリップ点検調整

・フロント デフサイドフランジ(オイルシール交換)

・左右サイドタイ ロッド交換

・エンジンコントロールユニット交換(中古)

・エアフローメーターセンサー部交換

・イグニッションコイル交換

・フロントロアーム交換

・フロントスタビライザーコネクティングロッド交換

・ドアミラーアクチュエーター交換

・補機ベルト交換

・ヘッドライト交換

本当によく交換していると思いました。

かかった経費は数十万円に達していますが、別の車を購入するよりは安価に終わったのではと考えてます。

今までに発生した大きなトラブル

比較的大きなトラブルをまとめると、以下のようになります。

・イグニションコイル不良によるエンジン不調

振り返ると、イグニッションコイル不良によるエンジン不調が最大のトラブルだったような気がします。

ガソリン車に必須のイグニッションコイルが不良になると、エンジンが停止しないにしても、回転数が極端に低下するので、走行することが困難になります。

経験的には、10万キロ走行時点で全てのイグニションコイルを交換した方が良いと思いました。

このトラブルで、本当に困りましたので…

 

▶︎「でなおし」ブログの自動車まとめ記事もご覧ください!

 

まとめ

きちんとメンテナンスを行って大切に扱い続けると、長期間所有できることを体験。

私が主に使っているメルセデスベンツc220d…

新車登録から3年に到達しますが、日産ウイングロードで体験したメンテナンスの大切さを実践し、長期間所有したいと考えます。

また、最近の自動車は20年前と比較して電子デバイスが多用。

基板不良など体験してないトラブルが予想されますが、ディーラーさんの推奨するメンテナンスを続けることにしたいと思います。

平成12年式日産ウイングロードは良い車でした!