お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

先日のこと…

CAR and DRIVER(カーアンドドライバー)の編集部のご担当者さんから…

「メルセデスベンツC220dに関するユーザーの不満と満足というテーマで電話取材できますか?」

とご連絡をいただきました。

数日後、実際に電話取材を受けることに…

最初、ご連絡を頂いた際に…

「これは何かの営業なのだろうか…」

と一抹の不安を持ったことが恥ずかしく思うくらい、電話取材の当日はリラックスした雰囲気の中で行われました。

メルセデスベンツc220dの不満と満足点」に関しては、正直に率直な意見を述べさせていただいたのです。

CAR and DRIVER(カーアンドドライバー)といえば、歴史ある月刊誌…

今回は、大変貴重なご縁をいただきました。

電話取材を受けるまでの経緯

私のブログをお読み頂いてのご連絡

きっかけは、私のブログをご覧になった編集担当者さんから、電話取材に関するご連絡があったことによります。

小心者の私は、担当者さんの連絡先電話番号をインターネットで検索したところ、確かに「CAR and DRIVER(カーアンドドライバー)」編集部であることが確認

安心してその後の対応に進んだ次第です(ご担当者さん本当にすみません。極めて小心者な私でして…)。

担当者さんが私のブログをご覧になって今回の電話取材に至ったこと…

本当に感謝しています。

ユーザーが少ない?メルセデスベンツC220d

私個人的には、メルセデスベンツC220dのユーザーさんは多く存在しているのではと思っていました。

しかし、どうやらそうでもないらしい背景もあって、私が電話取材の対象の一人になったようです。

そういえば、街中で見かけるメルセデスベンツCクラスの中で、未だ嘗てディーゼル車のC220dは殆ど見かけることがありませんので、確かにそのような背景があるのかもしれないと納得。

個人的には、ディーゼル車には満足しているので、もっとC220dのユーザーが増えても良いのではないかと思うくらいなのですが…

実際の電話取材

約40分間の電話取材

一般的な取材としては、対面で写真撮影をして…

そんなイメージを勝手に持っていましたので、電話取材に対しては若干の違和感があったのですが、実際に電話取材を受けてみると、そのような不安点を払拭するかのような効率的で有効な取材だと思います。

取材対象の車両1台につき、多数のユーザーの意見を取材する手法としては電話は本当に有効な手法

また、電話取材だからこそ気を使わずに話ができるというメリットもあるのかもしれません。

いずれにしましても、電話取材が継続されていることの背景が良く理解できたような気がします。

アッという間の40分間でした。

リラックスした雰囲気の中で進められた電話取材

電話取材を受ける立場の私は、自動車が趣味ではあるものの、それほどコアな意見を持っているわけでなく、また、購入車両以外の車両について、多くの知識を持っているわけではありません。

そのようなことから、少々緊張感をともなった取材のスタートになったのですが、この点、担当者さんのゆっくりと話されるペースや相手方の話を聞く手法(つまり傾聴ですね)が良く、最後まで安心して取材を受けることができました。

多くのご配慮をいただいたこと感謝しております。

ユーザーの気持ちを自然に引き出す担当者さん

傾聴がとても上手と上述しましたが、リラックスした雰囲気だからこそ、正直な意見が述べられるということもあると思います。

そのような雰囲気づくりに配慮されるなど、私自身が今後仕事をする上で勉強になった点もありました。

短時間でユーザーの評価を自然に引き出す担当者さんに感服いたしました。

 

▶︎「でなおし」ブログの自動車まとめ記事もご覧ください!

 

まとめ

人生初!の電話取材でしたが、約8ヶ月間の所有期間と18,000km程度の走行距離に基づいた不満と満足点について、正直な意見を述べさせていただきました。

現在、メルセデスベンツC220dを購入検討される皆様の一助になれば幸いです。

今回、貴重なご縁をいただきまして、本当に感謝した次第です。