お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

以前のことですが、日頃使いができるキャンピングカー(バンコン )の購入をすべく、トイファクトリー・アルコーバを前向き検討した経緯がありました

しかし、諸事情により中断。

中断の理由は、自動ブレーキなどの安全装置のオプションがなかったためです。

脳卒中(脳出血)を発症した私にとって、万が一の安全対策として自動ブレーキシステムは必須とも言える装置

また、今後の加齢という最大のリスクファクターを考慮しますと…

なおさら、自動ブレーキシステムはオプションしたいと思っていたからです。

ところが、先日…

トイファクトリーのホームページを拝見していると、私が欲しかったトイファクトリー・アルコーバに、

TSSP付ToyFactory特別仕様車2.8ディーゼル

が選択できる記載があるではありませんか!

ん?TSSP付とは何の意味だろう…

と調べてみると…

私が選択したかったトヨタ車の自動ブレーキシステム

「このキャンピングカーだと購入が現実のものになる!」

と購入の再考を開始したのです。

脳卒中(脳出血)を発症している私にとって、自動ブレーキなどの安全装置は必須と考えていますので、これは絶好の機会と検討を再開いたしました。

 

 




 

 

TSSP付きToyFactory特別仕様車2.8ディーゼル

TSSPとは

トヨタ社のホームページを拝見してみると、

ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知センサーにより、車と歩行者を認識することが可能となり、事故の回避や衝突被害の軽減を支援する

とあります。

周囲環境等により、完全とは言えないにしても、事故回避と衝突被害の軽減に繋がるシステムの導入は、本当に心強い存在です。

特に、ミリ波レーダーの採用は、周囲環境情報の取得に大きく寄与するでしょうから、それらを元にした総合的な安全システムは良いですね。

以前キャンピングカー購入を中断した理由が、購入予定車両に予防安全装置を搭載できなかったことですから、今回のマイナーチェンジで、TSSPを選択できることになりました。

大きなネックが解消できたことは言うまでもありません。

6速AT

マイナーチェンジ前は、ディーゼル車は4速ATだったと記憶しています。

それが今回のマイナーチェンジで、6速AT!になりましたから、燃費の向上、静粛性の向上、シフトショックの低減などメリットが多くなりました。

これも私にとっては朗報です。

ディーゼル

ガソリン車の静粛性は捨てがたいのですが、現在所有しているメルセデスベンツC220dがディーゼル車であり、実は、私にとっては人生初のディーゼル車でした。

ディーゼル車を乗り始めるまでは、カラカラとした音など、デメリットばかり気にしていたのですが、現実に乗り始めますと、低回転のトルクの太さに驚き街乗りから高速走行まで実に良い走りを提供してくれるのです。

また、燃料費が高騰している現在でも、ガソリン燃料と比べてかなり安価であり、また、1リッターあたりの燃費がガソリン車に比べて5割程度良い気がしています。

それらの理由から、キャンピングカー(バンコン)を選択するにあたっては、エンジンはディーゼルと決めたいたのです。

低回転のトルクが太いことは、積載量が多いバンコンにとって、大きなメリットだと考えます。

やはり、車種はトイファクトリー・アルコーバ

夫婦ふたり旅がベースイメージなのでアルコーバ !

トイファクトリーには、多くの種類のバンコンが用意されています。

夫婦ふたり旅をベースに考えますと、ベットは常設でも構わないかわりに、トイレは必須と考えるような年齢でもあります。

そうすると、トイファクトリー・アルコーバまたはジーティーに絞られてきますが、ベットの大きさとトイレのメンテナンスを考え、アルコーバを選択することになりそうです。

トイレは必須

カセット式とポータブル式があるトイレ。

何を選択するかは、トイレの使いやすさやメンテナンスの楽さなど色々なポイントがあるかと思います。

実車ベースで考えますと、トイレが設置されるサニタリールームの広さからすると、圧倒的にアルコーバとなります。

クラス最高の広さのサニタリールームを備えています。

また、トイレの方式もアルコーバはカセット式ですから、使いやすさとメンテナンスの楽さなど総合的にポイントは高くなりました。

中高齢となる私と家族ですから、夜中にトイレのために車外に出ることは、一時的な血圧上昇などリスクが大きくなります。

したがいまして、有害イベントの発生抑制。

私の場合、脳卒中(脳出血)の再発を抑えるためにもトイレは必須と考えてます。

ベッドは手間がかからない常設式

キャンピングオーナーさんのお話を伺いますと、車中泊箇所へ到着した際のベットの準備作業が意外に面倒ということを聞いたことがあります。

疲れて車中泊箇所へ到着したのですから、そのまま直ぐに休みたい…そんな日もあるかもしれません。

また、日中の移動時においても、軽い眠気の際に、直ぐに横になれる設備は中高齢者にとって本当に安心材料となります。

したがいまして、ベットは常設式とし、布団もそのままで日中移動可能な装備が望ましいと考えました。

 

 

▶︎「でなおし」ブログのキャンピングカーまとめ記事もご覧ください!

 

 

まとめ

安全装置(TSSP)が選択できるようになったキャンピングカー(バンコン )

車種選択の詳細は別記事にいたしますが、今のところ、トイファクトリーアルコーバ を選択することになると思います。

今後慎重に検討したいと思います。