このブログは、49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。

 


 

お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

 

キャンピングカーの旅など外出先でトイレを使用する機会は多いと思います。

道の駅のトイレやキャンピングカーのトイレなど利用したときですね。

 

私はトイレの際はウォシュレットを使用する習慣(ウォシュレットを使わざるを得ない状況もあり…)がありましたので…

 

「外出中もウォシュレット使えると良いけど…」

「キャンピングカーの車中仮眠泊もウォシュレット使えないかな〜」

 

そんなことを考えていたのです。

すると家族が

 

「携帯のウォシュレットがあるみたいよ!」

 

と言うものですから早速インターネットを検索。

 

たくさんの携帯ウォシュレットがあるではありませんか!

しかも価格は比較的に安い感じです。

 

あれこれ迷いましたが…

最終的にTOTO製の携帯ウォシュレットを選択。

 

キャンピングカー納車まで残り3週間ですから自宅で携帯ウォシュレットの使い方を勉強したいと思います。

 

購入したのは「TOTO製携帯ウォシュレットYEW4W3」

高めの価格ですが…

本当にいろいろな製品がある携帯ウォシュレット。

製品の選択に悩みましたが…

 

検討の過程で最終的に残った製品は、TOTO製とパナソニック製の2機種。

 

いずれの機種も特徴があり選択するのに本当に迷いました。

 

なので、ウォシュレット自体がトイレ関連製品という基本に立ち返ってTOTO製に決定

最後は単純な根拠に基づいて選択した次第です。

 

インターネットでは安価製品は多数販売

一口にウォシュレットと言っても本当に多くの商品があり価格もバラバラ

 

安価な製品であれば3,000円前後程度から販売されていますが、TOTO製やパナソニック製になると8,000円前後程度の価格となります。

 

つまり、倍以上の価格差がある製品選択となるわけですが、明示されている機能やAmazonユーザーのコメントなどから総合的に判断すると、TOTO製またはパナソニック製のいずれかという結論に至りました。

 

これほど価格差があると迷ってしまします。

 

TOTO製とパナソニック製の選択に悩みましたが…

さて、TOTO製とパナソニック製の選択のお話ですが…

 

いずれも有名メーカーなので、その点では安心感はあります。

 

Amazonレビューでも全体に好印象を持ちましたので、どちらを選択しても失敗はしないという考えに至るほどです。

 

基本性能は大差ないようなのですが…

 

・パナソニック製はペットボトルが使用できるので水量に制限がない

・シャワー強弱を設定する穴の数はパナソニック製が多い

・TOTO製は単3電池1本、パナソニック製は単4電池2本

 

他にも異なる点がありますが、やはり基本性能的には大差ない印象です。

 

強いて言えばペットボトルが使用できる点で水量に制限がありませんから、もしかするとパナソニック製の方が女性向きかもしれないと思うところもあります。

 

これらの点は好き好きだと思いますので、Amazonレビューなどご参考にされるのが良いかもしれません。

 

TOTO製ウォシュレットを開封

Amazonで注文し数日で到着しました。

早速開封なのですが、輸送中のトラブルは一切ありません。

 

▼意外にコンパクトな梱包です。

 

▼全体イメージがつめる説明です。

 

▼単3電池1本が付属しています。

 

▼日本メーカーですから取扱説明書の違和感はありません。

 

▼使用後のお手入れですが毎回完全にこれを実行しなくてもいいかもしれません。使い方に応じたお手入れで良いかと…

 

▼定期的なメンテナンスは必要です。

 

▼手にすっぽりと入る大きさです。ハンドバックにも入りますね。

 

▼本体裏面に詳しい使用方法が明記されたシールが貼られています。

 

▼硬貨を使用して電池蓋を開け単3電池1本を入れます。

 

▼本体タンク部の給水工口です。

 

▼先端は細くなっていますので壊れないよう取扱に注意したほうがいいかもしれません。

 

▼5穴だとソフトなシャワーです。

 

▼3穴にすると水がハードになります。

 

▼スライドさせることで水量を変えられます。

 

▼ストラップが付属していますが…私は不要と考えました。

 

実際に使ってみました(レビュー)

実際に使用した写真をお見せするわけにはいかないので…

大変申し訳ありませんが、言葉で表現しています。

 

使用前の準備

取扱説明書のとおり本体を伸ばして水を注入します。

 

人生初の携帯ウォシュレットなので、なんだか特別な緊張感があります。

 

水注入が完了してトイレに移動中に…

 

「あれ?ストラップは不要じゃない?」

 

突然思いましたので直ぐにストラップを外しました。

 

ストラップを取り付けていると水分が付着してしまうような気がしてですね…

気にならない方は問題ないかと思いますが…

 

使用のレビュー

さて、便座に着座。

 

早速、TOTO製のウォシュレットを稼働させてみます。

 

操作方法は取扱説明書のとおりで何ら問題はないのですが…

 

アプローチを前または後ろにするか…

とても迷いました。

 

仕方ないので両方チャレンジしてみることに…

 

まずは前から!

すると男性の私は「あれ」が邪魔して着弾点にうまくアプローチできません。

いろいろ角度を試してみましたが違和感あるのです。

 

「前からアプローチは厳しいな〜」

 

そういくことから次は後ろからアプローチしました。

 

すると、これが不思議な感じですが、全くと言って良いほど違和感なく使用できたのです

 

最初は位置決め?がわからずあれこれしていましたが、一回理解するとピタッと着弾。

 

全く問題なく使用できることが確認できました。

 

ただ、タンク内部の水量に限界(約20秒程度)がありますので、直ぐに稼働が停止。

この点は慣れれば問題はないと思います。

 

したがいまして、女性は前からでも問題なく使用可能。

 

男性は後ろからのアプローチをおすすめいたします。

 

使用後のお手入れ

操作方法によって汚れ方は異なりますので一概には言えませんが、意外に汚れないということです。

 

なので、取扱説明書のとおりのお手入れで十分なのですが、使用後の状態で判断すればいいかもしれません

 

・基本的に電化製品なので水気対策

・携帯ウォシュレットなので衛生対策

 

この2点に気をつければ良いのではないでしょうか。

 

お手入れ自体はそれほど面倒なことではありませんのでご安心ください。

 

全体としてとても便利で快適な携帯ウォシュレットということがわかりました。

持病を持っている私には大変嬉しいグッズです。

 

 

 

 

 

 

 

▶︎「でなおし」ブログのキャンピングカーまとめ記事もご覧ください!

 

 

まとめ

使用後のお手入れなど負担感が小さい割にどこでもウォシュレットできるメリットを比較すると、私は購入してよかったと思います。

 

自宅のトイレでも定期的なお手入れは必要ですから、そう考えるとお手入れを含めても携帯ウォシュレットのメリットは大きいのではないでしょうか。

 

私は購入してよかったと思いますし快適なキャンピングカーライフが実現できると思うと嬉しいですね。