このブログは、49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。

 


 

お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

 

私は、トヨタハイエースのキャンピングカー(トイファクトリーアルコーバ)を所有していますが、中高齢な世代なため、夜間など視認性が悪い状況の運転が辛いときがあります。

 

「運転免許的には眼鏡など条件は付されてないけど…夜間の走行は見えずらいし…」

「雨や霧で見えづらいと、安全運転に支障あるし…特に夜は厳しい…」

 

そのように思っていたところ、夜間運転の危険を回避する『ナイトビジョン』が販売されていることを知りました。

 

価格的には高いのですが、安全性の向上に繋がるものであれば、購入してみる価値はあると考え…

 

早速、車に後付け。

 

ファーストインプレッションの段階で恐縮ですが、取り付け完了時点での印象をまとめてみました。

 

 




 

 

購入したのはアマゾンで販売の『Lanmodo 1080P フルHD ナイトビジョンシステム』

高価な価格で驚きますが…なんと!45,000円でした!

ドライブレコーダーの価格のイメージがあって悪いのですが…

 

・ナイトビジョンの価格45,000円

 

特殊なカメラとは思うのですが、45,000円は高いという印象がありました。

 

購入するにあたり、正直なところ悩んだのですが…

 

視認性が向上するグッズであれば、中高齢な私にとっては嬉しいと考え購入を決意したのです。

 

▼アマゾンで販売しています。リアカメラ付きも選択できますが、私はリアカメラは非搭載を選択。※アマゾンのホームページから引用

 

アマゾンの口コミではいろいろな意見が…

アマゾンで購入する際は、つい、口コミを見てしまいます。

 

・夜間明るいが、遠くを確認できるとはならない

・車の振動に画面がブレる

・台座の構造に不満がある

 

不安になる口コミの一方で…

 

・雨降りの夜間はよく見える

・山間部など暗い道でよく見える

・道路脇の歩行者も見える

 

購入に前向きになる口コミもありますので、本当に悩んでしまいました。

 

購入手続きから数日で納品されたナイトビジョン

梱包はシッカリで移動中のトラブルは皆無だったこと

アマゾンで購入手続きをすませると、数日で到着(いつもながら早い到着)。

 

梱包の状況ですが、アマゾンで配達される大きなダンボールには入ってなく、ナイトビジョンの化粧箱に送付状を貼付しています。

 

なので、一瞬移送中のトラブルは無かったのか不安がよぎりましたが、化粧箱が輸送中の振動にも耐えられるような構造になっていましたので、安心した次第です。

 

▼ナイトビジョンの化粧箱に直接送付状が貼付されています。

 

▼私はリアカメラ非搭載を選択しましたので、上段にチェックが入ってます。

 

▼キッチリと梱包された上蓋を取ると、内部にはこれまたキッチリと梱包された本体が見えます。

 

▼ナイトビジョンの本体ですね。バックミラーのイメージです。

 

▼取扱説明書は日本語表示。アマゾンで時々感じる違和感のある日本語ではありませんでした。

 

▼部品一式です。ドライバーも付属しています。

 

意外にパーツの数が少なくて車載する手間も軽かったこと

後付けのナイトビジョンなので、パーツの数が多いと思っていましたが、意外に少ないのです。

 

・ナイトビジョン本体

・台座

・吸盤タイプの台座

・電源コード

・取り付け用のプラスドライバー

 

これくらいなのでした。

 

なお、台座と吸盤タイプの台座(フロントガラスに付けるタイプ)は、いずれかを選択しますので、一つしか使いません。

 

購入後の車載に関しては、大掛かりな手間がかかることはないと思います。

 

▼ラバータイプの台座です。これを取り付けてダッシュボードに置きます。

 

▼ナイトビジョン本体下部にネジが付いてますので、一旦外します。

 

▼台座の樹脂部分をナイトビジョン本体に差し込みます。

 

▼ドライバーで締めて固定完了。

 

▼その後、ラバーを取り付けるのですが、これが意外に硬くて指が痛くなります。

 

▼こんなイメージですね。

 

▼電源コードを接続します。これはとても簡単です。

 

実際に車載してみました!

ナイトビジョンの開封と車載は完了しましたが、この段階で、ファーストインプレッションがいくつかあります。

 

良いと感じる点

・ヘッドライトの光が当たらない暗い部分が見える

・雨や霧で視界が悪い場合でも見える

・設置が意外に簡単なこと

 

気になる点

・ナイトビジョンを凝視すると目が疲れる(走行中は凝視できないので停車中のこと)

・走行の振動でナイトビジョン本体が揺れる(画面が揺らぐ)ことがある

・本体が意外に熱くなる

・白黒モードにするとレーダー探知機が警告アラームを鳴らす

 

細かな点まで気になるところを記載していますので、ご理解ください。

 

ただ、良いと感じる点の『ヘッドライトの光が当たらないところも見えることが多い』『雨や霧でも見えることが多い』は、安全運転をする上で大切なメリットではないかと考えますので、全体として良いシステムだと思います。

 

取り付け位置に関してはフロントガラス上部がおすすめかも…

取り付け位置に関しては…

 

・ダッシュボードに設置

・フロンドガラスに取り付ける

 

いずれの取り付け方でも対応可能なパーツは標準されていますから、問題はないかと思います。

 

私の場合、ダッシュボードとフロントガラスいずれも試してみたところ、フロントガラスの上部(バックミラーの直ぐ横)の位置に落ち着いてます。

 

車の種類や視力など、個人ごとに状況は異なるでしょうから、何とも確定的なことは言えないのですが。

 

私がフロントガラスの上部に落ち着いた理由とは…

・走行中ナイトビューを凝視することはできないので、必要な都度ナイトビュー をチラ見するのに適している位置

・ダッシュボードに設置すると、ナイトビュー本体で前方に見えない部分が発生する

・夜間はナイトビューの画面が明るいので、視界に入り込まないフロントガラス上部に設置した

 

これらの理由から、フロントガラスの上部に落ち着いた背景がありました。

 

 

 

 

▶︎「でなおし」ブログのキャンピングカーまとめ記事もご覧ください!

 

 

まとめ

今回、『Lanmodo 1080P フルHD ナイトビジョンシステム』を購入しましたが、未だファーストインプレッションの段階ですので、今後、継続的な使用でレビューを予定しています。

 

本来であれば、人や車、動物などの映像をシステムが把握し、アラームで運転手に知らせるなどの総合的な稼働システムに繋がると良いのではと考えてしまいます。

 

ただ、確かに暗い中でも明るく視認できるシステムであることには驚きます!