このブログは、49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。

 


 

お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

 

キャンピングカーの旅の途中で立ち寄った手打ちそば『ながいし』

 

福岡県宗像市の街中にある『ながいし』は、完全手打ちそばで有名なお店…

 

「こんなところにお蕎麦やさんがあるんだ!?」

「石原慎太郎さんも訪れたの?」

 

意外な場所にこぢんまりとした絶品お蕎麦やさんを訪ねてみました。

 

評判どおりの美味しいお蕎麦と丼に感動した次第で…

 

キャンピングカーの旅の途中で食したお蕎麦に満足しました。

 

『ながいし』はオススメのお蕎麦やさんです。

 

 




 

 

福岡県宗像市田熊にある完全手打ちの絶品お蕎麦を提供する『ながいし』

JR東郷駅そばにある店舗ながら車移動でも駐車は可能

JR東郷駅が本当に近い距離にありますから、徒歩で訪店するには最高の場所…

 

一方、駐車場は数台分を確保していますから、車移動でも大丈夫です。

 

ただ、キャンピングカー(バンコン、キャブコン)は専用駐車場に停めるのは難しい状況ですので、道路反対側のにしてつストア(マーケット)駐車場を利用すると良いかと思います(西鉄ストアでのお買い物前提ですが…私はその日の夕食惣菜を購入しました)。

 

▼駐車エリアには輪止め部分に店名が表示されています。普通車であれば問題なく駐車可能です。ハイエースのスーパーロングは無理でした。

 

▼お店の看板はビルの2階部分にありますが、分かりにくいかもしれません。グーグルマップで選択すると迷わず到着すると思います。

 

ビルの一階にあるお店はコジンマリとして雰囲気も好感!

もしかすると、以前はスナックか何かだったかもしれない店の作りですが…

 

看板や入口の雰囲気は中高齢な私にとっては、とても好感が持てるものです。

 

何だか気が休まるといいますか…

 

絶品お蕎麦をいただくには最高の雰囲気だと思います。

 

▼ビルの一階に看板があります。

 

▼開店5分前に到着しましたが、数人のお客さんが待っています。

 

石原慎太郎さんが訪店したというサイン色紙に驚き!

店内に入りますと、再奥のテーブル席に着座しました。

 

すると、直ぐ後ろの壁に誰かの色紙があると思いましたら、なんと!石原慎太郎さんの色紙ではありませんか…

 

『お店と何か関係があるのかな〜』

 

など家族と話しながら見たのでした。

 

著名人の色紙だからとことさら騒ぐ歳ではない私ですが、なぜここにあるのかと不思議に思ったのです。

 

チャンスがなくて店主さんにインタビューできませんでしたが、次回訪店した時はこの辺のストーリーを伺ってみたいと思います。

 

▼私初めてみた石原慎太郎さんの色紙。個性的な字体ですね。

 

小物類はコジャレて中高齢な私は落ち着く雰囲気!

テーブル脇には小洒落た小物たちがあります。

 

店内は全体にシックなデザインですから、都会的な雰囲気もありますね。

 

中高齢な私は好きな雰囲気でした。

 

▼唐辛子入れと爪楊枝。歴史を感じる小物です。

 

▼お箸のデザインも凝ってます。

 

選択したメニューは『ざるセット』と『丼セット』

お店の方にお尋ねして選択したメニュー

メニューを確認すると、セットものがオススメという気がしました。

 

お店の奥様(店主の奥様と思われます)にお尋ねすると、人気だそうで…

 

そこで選択したのは、ざるセットと丼セット。

 

私がざる蕎麦

 

同行の家族が温蕎麦を選択。

 

互いにシェアすることで、ざる蕎麦と温蕎麦の両方を食したいという狙いですね!

 

▼石臼で挽いた蕎麦を使用しているのだそうで…完全手打ちです。このようなストーリも大変興味があります。

 

▼ミニ親子丼が付きますので、ボリューム的には十分かと…

 

『ざるセット』はお蕎麦の香りと味を楽しむに最高なセット

注文から程なくしますと、提供されたセットもの。

 

私の『ざるセット』がテーブルに乗せられますと…

 

『全体のレイアウト(見た目ですね)が綺麗!』

 

正直な第一印象です。

 

ミニ親子丼の器は高さが低くて特徴的なデザイン。

 

薬味もしっかりと配置がされています。

 

漬物の盛り付け方にも工夫がされていますので…

 

『細部までこだわった料理だこと…』

 

痛感いたしました。

 

早速、ざる蕎麦を汁を付けずにいただきます。

 

すると、蕎麦の香りがプーンと口の中に広がり…

 

極端に強くない蕎麦の香りですが、口の中に入りますと柔らかく広がるイメージですね。

 

もしかすると、石臼で挽いている関係でしょうか…

 

柔らかくて優しい香りに仕上がっていて、とても好感が持てます。

 

刻み海苔と一緒にいただくと急に味変となり、これも楽しいものです。

 

最後に汁を付けますが、甘すぎない汁のお味は、大人のざる蕎麦というイメージ。

 

シックなデザインに合った大人のお蕎麦という感じですね。

 

絶品ざる蕎麦という理由がわかったような気がします。

 

▼セットものが提供されました。全体にオシャレですね!

 

▼ざる蕎麦の麺の艶が素晴らしい感じです。石臼だからでしょうか。

 

▼薬味は三種。まとめて汁に投入!

 

▼甘すぎない汁ですが、減塩に取り組んでいる私でも大丈夫な塩分量でした。

 

▼最初はそのままいただきますが…これはオススメです。蕎麦の香りと味をストレートに感じられます。

 

▼ミニ親子丼です。卵のトロトロ感が素晴らしい!

 

▼横から見ると平坦な器に驚きます。『こんな器なんだと!?』と同行の家族とワイワイ言いました。

 

▼フワトロの親子丼をいただきます!!

 

▼味が濃すぎない大人の親子丼です。

 

▼鶏肉は多く入っていますから、間食する頃には意外にお腹が満たされます。お肉の味付けも抜群です。

 

▼お漬物の配置。この様な配置は初めて見ました。

 

『丼セット』は温蕎麦と丼の絶妙な味を楽しみたいセット

同行の家族が選択した『丼セット』には、温蕎麦が付きます。

 

ざるとは全く異なる温蕎麦。

 

大変に興味があるところなのですが…

 

早速、温蕎麦をシェアすると、本当にざるとは異なる蕎麦の特徴に驚きます

 

蕎麦の香りと関東風な出汁(醤油ベースの様な感じを受けました)の相性に感動するのでした。

 

温蕎麦は寒い季節にはもってこいのメニューだと思います。

 

▼温蕎麦のセットも素晴らしく美味しいものでした。

 

▼見た目には感じにくいのですが、意外に醤油の香りがするのでした。

 

▼平たい蕎麦麺が特徴に感じます。これは美味しい!

 

蕎麦湯は素直な味で好感!

お蕎麦やさんでは蕎麦湯が提供されますね。

 

食事の終盤になりますと、蕎麦湯が提供されますが、この味が大変に美味しく感じたのでした。

 

まろやかな味と香りの蕎麦湯。

 

白い粉状の部分が沈殿していますが、これを回しながらいただくとトロミが増す蕎麦湯に。

 

蕎麦湯を入れている器も特徴的ですから、これも楽しめます。

 

大自然の中にある蕎麦屋さんではありませんが、これほど素晴らしい蕎麦を提供するお店が街中にあるとは信じがたいものでした。

 

素晴らしいお蕎麦やさん『ながいし』でした!本当にオススメです!

 

▼蕎麦湯が美味しいと感じたのは私初めてのこと。素晴らしい蕎麦湯です。

 

 

▶︎「でなおし」ブログのグルメまとめ記事もご覧ください!

 

 

店舗情報

所在地 福岡県宗像市田熊4-3-1

店舗名 ながいし

電 話 0940-36-7600