お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

毎年、春の時期になると嫌な花粉が到来

10年近く前に花粉症を発症(スギ花粉症)して以来、毎年対策を強いられてきてます。

確かに、花粉症対策の飲み薬はよく効くのですが、副作用として眠気が襲うので、日中の業務に支障。

ついつい、服用を躊躇するところです。

そこで、数年前からは、内服薬に頼らずにする対策を考え、「マスク」を使用することにしてます。

このマスク…

っちり使用すると花粉対策になることが体験的に理解できました。

今まで、使用していたマスクがリニューアルされ、また、新たに「PM2.5対策」というマスクが登場したようなので、早速、購入してみた次第です。

コーワ三次元マスク

個人的に好きなコーワ三次元マスク

花粉症発症したからというもの、多くのマスクを試してきました。

その中で、私が最もいよと感じたものが、コーワ三次元マスクです。

日本メーカーで日本製というのもありますが、それらを無意識に着用しても、使用感はとても気に入ってます。

付け心地や効果(効果については気分的な要素も含まれるのかもしれません。例えばプラセボ効果的なものです)は私にとって最高な気がしてます。

また、薬局やコンビニエンスストアなど何処でも販売しているので、不足の事態でも直ぐに手に入ります。

ただ、価格的に他のマスクより数割程度高い感じがしますが、これは使用感と引き換えと理解してます。

何れにしても、長い付き合いをしているコーワ三次元マスクなのです。

最新のコーワ三次元マスク「三次元PM2.5対策高密着マスク」

薬局を覗いた時に、最新のコーワ三次元マスク「三次元PM2.5対策高密着マスク」なるものが販売していることに気がつきました。

パッケージを詳しく見てみると…

ハイスペックフィルターが空気中の微粒子を99パーセントカット…」とありますので

「ん? 今まで使用していた三次元マスクとフィルターの性能が違うのか?それが原因で価格が高いのか?…」

と疑問が生じたのでした。

そこで、三次元マスクの仕様につき詳しく調べてみたところ、マスクのフィルターそのものの性能は基本的に不変であることが判明しました。

では、何が違うのかというと、マスクを着用した際の顔との隙間から入り込む物質を低減させるため、マスクを立体的にしたり、マスク側面の左右の端の部分にヒレのようなものをつけ、物質の進入を極力抑えた仕様になっているらしいです。

したがって、その部分をコストに反映させているので価格が上昇していることも…

マスクの改良点が確認できましたので、納得した次第です。

リニューアルしたコーワ三次元マスク

では、今までのコーワ三次元マスクはどうなのかというと、三次元マスク(従来タイプの三次元マスクのこと)では、息苦しさの低減や耳掛け紐の改良など、リニューアルしていることがわかりました(マスク本体の性能は基本的に不変です)。

最新の三次元マスクはパッケージの表示に…

「メディカル発想、機能性×快適性」

と表示されていますね。

購入してみると、確かにそのような表示になっていました。

なお、明らかに変更されている点としては、「新開発ソフトタイプ耳ひも」と表示されているとおり、長時間使用に伴う耳の痛み防止とマスクの付け外しが改善されています。

試しにこのマスクを着用してみると、確かに紐の感じがことなることが確認できました。

総合的に考えると何が買いなのか(私感)

密着性は最新のコーワ三次元マスク

ここからは、完全な私感なのですが、マスクの密着性はフィルターの基本性能と同じくらい大切なものと認識している点と、口元の空間の配慮が優れている点で、最新の「三次元PM2.5対策高密着マスク」に軍配が上がります。

ただ、価格を考えると、約1.5倍ほど金額差がありますから、どう考えるかですよね。

常に最新のコーワ三次元マスクが必要なのか

どちらのマスクを選択するのか、具体的に考えてみますと、機能性だけを考えると明らかに最新の「三次元PM2.5対策高密着マスク」でしょうし、密着性のほかにも口元の快適性は大きなポイントです。

したがって、価格は約1.5倍高いものの、最新の三次元PM2.5対策高密着マスクを選択しようかと思います。

一応、花粉症と黄砂対策の両方がシーズン的に継続していますから、約3ヶ月程度の使用になることから、約6袋購入する必要があるかもしれません(1枚のマスクを3日間使用したとして約35枚程度必要ですから、三次元 PM2.5対策高密着マスクが7袋となります)。

まとめ

たまたま薬局で見かけた最新のマスクから製品検討をしてみました。

パッケージを読み込むことで、今まで見えなかったものが見えてきましたので、今後も問題意識を持って製品選択をしていきたいと思います。

早く、花粉と黄砂の時期が過ぎれば良いのですが…