このブログは、49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。

 


 

お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

 

国道3号線を福岡から熊本方面へ下る途中に、『まるみ』というラーメン・ちゃんぽん・中華料理のお店があります。

 

「キャンピングカーで旅に出ると一般国道を通行することが多いから便利な位置のお店は嬉しいね」

「開店から43年という歴史が美味さを物語っているね!」

 

車中仮眠泊の旅の途中で、熊本市内に入って直ぐにある『まるみ』で、少し早いランチをしたのです。

 

たまたま入店した『まるみ』が、実は歴史ある地元から愛されているお店だったのはラッキーでした。

 

国道3号線を通行する際の食事にはオススメの名店でした!

 

国道3号線添いのドライブや旅の途中で便利な場所に所在する『まるみ』

キャンピングカーの旅や車中仮眠泊の旅で便利な場所にあるお店

車で旅をするときには、高速道路を利用することが多い私でしたが、キャンピングカー(トイファクトリーアルコーバ)が納車されてからは、高速道路を利用せず、一般道路をゆっくり走るようになりました。

 

なので、一般国道を走りながらランチタイムには、美味しい店を探すというパターン。

 

今回訪れた中国料理『まるみ』は、国道3号線を福岡から熊本方面へ下った、熊本県熊本市植木町に所在します。

 

本当に便利なところにあるお店なのです。

 

また、駐車場は第二駐車場を含めるとかなりの台数が止められますのでご安心ください。

 

キャブコンやバンコンなどは問題なく駐車できますが、バスコンは厳しいかもです。

 

入り口は二箇所ありますが、私は駐車場から近い側からお店に入りました。

 

▼中国料理と表示されていますが、ちゃんぽんやラーメン餃子など気軽にランチが楽しめるお店です。

 

地元の方から愛されているお店

お客さんの層を見ているとわかったのですが、遠方からのお客さんが一部におられますが、地元のお客さん(特にいつも来られているような感じの方々)が多いのです。

 

フロア係の方とのやりとりなどを目の当たりにすると、長年愛されてきたお店ということが理解できます。

 

2019年は開店から43年という歴史が物語っていました。

 

▼『九州味100選店』の看板があることに驚いたのですが、この看板があるお店は美味しいことが多いですからある意味納得した次第です。

 

ランチタイムの早い時間に入店したことで直ぐに着座が可能

多くのお客さんが訪れるお店だけに、ランチタイムはごった返します。

 

ランチタイムのスタートは11:30なのですが、私は開店と同時に訪店しました。

 

すると、ほとんどが空席という状況でしたので、一番奥のテーブル席に着座。

 

入り口側を見ていると、数分も経過すると、続々とお客さんが訪れるのです。

 

12:00頃になると満席のため、順番待ちのリストに名前を記入した後は待合席や車の中で待機するお客さんが続出。

 

『開店直後に入ってよかった!』

 

なので、時間的に余裕がある場合は、早めに訪れるかするなどして、時間をずらした方が無難かもしれません。

 

▼直ぐに着座できました。テーブルの小物も歴史を感じます。なんだか中高齢にとっては落ち着ける雰囲気です。

 

『ちゃんぽん』、『太平燕(タイピーエン)』、『焼き餃子』を注文

さて、メニューの選択ですが、やはり、人気のチャンポンは外せません。

 

また、熊本県の有名な麺類太平燕(タイピーエン)も外せない気がします。

 

さらに、ランチが麺類だけでは少し軽い気もしたので、焼き餃子を一つ選択することにしました。

 

焼き餃子とチャンポンのセットがありましたので、880円という安さですね。

 

▼私は焼き餃子とチャンポンのセットに…安いと思いました。

 

▼家族は熊本で有名な太平燕(タイピーエン)。

 

スープが濃厚でとても美味しい『ちゃんぽん』

開店直後ということもあり、注文から直ぐに提供されました。

 

私はチャンポン!

 

量的には決して多くはありませんので、若い方などは大盛りなどいいかもしれません。

 

焦がしニンニクがふられていますので、いい香りが漂います(注文時に焦がしニンニクを入れるか否か確認されますのでご安心ください)

 

さて、最初の一口はスープをいただきます(いつもお決まりです)

 

減塩に取り組んでいる私にとっては辛いところなのですが、最初の一杯だけは普通にいただきます。

 

すると…

 

『すごい濃厚なスープ…美味しいね!』

 

と家族とシェアしたのです。

 

一見普通に見えるスープなのですが、この濃厚の程度には本当に驚きです。

 

野菜が多めに入っていることや、海鮮の具も濃厚なスープに一役買っていることはすぐに判明。

 

麺は太麺ですから、一般的なチャンポン麺というイメージですが、濃厚スープとの相性は抜群ですから、食べ応えはあると思います。

 

スープの濃厚には本当に驚きましたので、オススメのチャンポンです!

 

▼上にふられているのは、焦がしニンニクです。香りがとてもいいです。

 

▼濃厚スープです。これは美味しいスープでした!

 

▼太麺ですがスープとの絡みは最高ですね!

 

▼完食しましたが減塩に取り組んでいる私は、スープを残さなくてはと辛いですね…

 

『太平燕(タイピーエン)』は熊本を代表する味

太平燕(タイピーエン)は、熊本の名物ですから、ほとんどのラーメン店などでは、メニューに掲載されています。

 

『まるみ』でも太平燕(タイピーエン)が提供されていましたので、家族が注文。

 

スープのお味ですが、家族が一口いただくと…

 

『少し薄い気がするけど…』

 

一言いっていたのですが、完食する頃には…

 

『最初は少し薄い気がしたけど途中から良い感じで完食の頃はバッチリ』

 

と言っていましたので、この辺も考慮されているスープなのかもしれません。

 

野菜の量は、チャンポンよりも多いですから満腹感がありますが、春雨を使用しているので、ヘルシーということもできます。

 

熊本を代表する麺類の太平燕(タイピーエン)もオススメです!

 

▼家族が注文した太平燕(タイピーエン)!なんと、麺が春雨なのです。

 

▼透き通った春雨。沢山の野菜との相性はバッチリです。

 

こんがり焼けた『焼き餃子』はそのままでも美味しい餃子

チャンポンと太平燕(タイピーエン)をいただきますが、麺類だけだと夕方まで不安があります。

 

なので、焼き餃子を注文しました。

 

提供された焼き餃子は、少し強めの焦げがある感じでパリパリというイメージ。

 

最初は何もつけずに食しましたが、焼きの香ばしさと肉の味が美味しくて、このまま何もつけずに食べたいくらいでした。

 

二つ目からは、酢とラー油をたっぷりと入れたタレを付けて…

 

全く異なる味へと変わりますので、これも楽しみの一つです。

 

香ばしさと肉の味を楽しめた『焼き餃子』でした。

 

▼強めの焼きでしょうか…香ばしいですね!

 

 

▶︎「でなおし」ブログのグルメまとめ記事もご覧ください!

 

 

▼2020年2月以降のグルメ記事は別ブログで投稿しています!

(G)カヤの夫婦グルメ旅

 

 

店舗情報

所在地 熊本県熊本市植木町滴水440-2

店舗名 まるみ

電 話 096-272-4949