このブログは、49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。

 


 

お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

 

車中仮眠泊を重ねてくると、単三型と単四型の充電式電池の充電器の仕様について、いろいろと改善点が見えてきたのです。

 

「夏場のサブバッテリーは冷蔵庫とエアコンにあてたいから、照明や扇風機は充電式電池でまかないたい…」

「電池式ランタンは一晩で使い切ってしまうので、連泊の場合はポータブル電源からの充電は一度にしたい…」

 

単三型の充電式電池の充電時間が6時間程度必要なため、連泊の場合は、昼間にポータブル電源から充電することで、夜間の使用を可能にしたいと考えるのでした。

 

そこで、購入したのは最大16本の充電式電池を一度で充電できる『LCD充電器TGX16』

 

充電時間が意外に短く一度に大量の充電が可能なので、大変重宝しています。

 

夏場など冷蔵庫やエアコンの稼働を優先するために、照明やスマートフォンの充電は他の電源に分散させる工夫は必要なことかもしれません。

 

購入したのは『LCD充電器TGX16』

今回購入したのは『LCD充電器TGX16』

 

単三または単四の充電式電池を最大16本充電可能な充電器。

 

さすがに、本体の大きさは巨大となりますので、収納場所に工夫が必要ですが、それ以上に大量充電可能というメリットが大きいので、購入した次第です。

 

以前購入していた8本まで充電可能な製品と比較すると、大人と子供の差位の大きさの違いを感じてしまいます。

 

今回もAmazonで購入しましたが、輸送中のトラブルなど一切ない安心の購入でした。

 

▼しっかりとした梱包で輸送中のトラブルは皆無です。

 

▼小さい方が今まで使用していた充電器。同じメーカーですので比較すると大きさの違いがよく分かります。

 

▼最大でも6時間あれば満充電可能となりますから便利です!

 

一度に大量充電可能なため昼間や就寝の時間帯で充電可能

一度に16本の充電式電池を充電できる点は、大変便利だと思っています。

 

・6時間あれば満充電!

 

就寝時間帯であれば、間違いなく満充電可能ですし、昼間時間帯でもポータブル電源を充電しない場合は、充電式電池の充電は可能となりますので、連続する車中仮眠泊でも対応可能となりますね。

 

今後の検討(より快適に充電するために…)

電気式ランタン3台に使用する単三電池の総数は20本。

 

夜間に室内で明かりを必要とする時間が5時間程度として、就寝までに電池は空になります。

 

就寝中にポータブル電源から充電をすると、翌朝までには単三電池16本が満充電になりますので、翌日夜間帯の明かりとしては問題なく使用可能と考えています。

 

ところが、充電式電池の寿命や充電特性を考えると、電気式ランタンに挿入する充電式電池は、それぞれのランタンで固定したいところです(電気式ランタン一台に固定的に充電式電池をペア使用。つまり、充電式電池をごちゃ混ぜに使用しないこと…)。

 

そうなると、『LCD充電器TGX16』は最大16本の充電式電池しか充電できませんので、一台のランタンが未充電という結果に…

 

そこで、単三型充電式電池を6本追加購入してはどうかと考えたのです。

 

小型の電気式ランタンは単三電池6本仕様ですから、一組分の満充電の充電式電池は常にストックできていることになりますから、これは良いかと…

 

ま、小型充電器(8本充電可能な装置)をキャンピングカーに積載すれば解決することではあるのですが…

 

購入にあたっては、しっかりと検討したいと思っています。

 

▼キャンピングカー車内で使用する電気式ランタン。小型2台(単三6本)、大型1台(単三8本)。この3台のランタンがあれば客室内の照明は十分です。

 

 

 

 

▶︎「でなおし」ブログのキャンピングカーまとめ記事もご覧ください!

 

 

まとめ

とりあえず、8本が充電できる充電器の車載で対応してみることにしますが、やはり、充電式電池6本の追加購入にも魅力がありますので…

 

充電式電池とポータブル電源の利用は、夏場の車中仮眠泊を快適にする一助になるのではないでしょうか。