このブログは、49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。

 


 

お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

 

ついに!

 

キャンピングカーが納車されました。

 

車種はトイファクトリーアルコーバ

 

「バンコンでトイレは必要?」

「二人旅仕様は使いづらいのでは…」

 

いろいろ検討したのですが…

 

やはり、トイレは必須ということ。

 

また…

 

「普通に…イオンに卵を買いに行ける車にして欲しい…」

 

という家族の思いを考慮し、バンコンタイプ(ベース車両はハイエース)に決めた経緯がありました。

 

早速運転してみると、スーパーロング&ワイドな車体にも関わらず取り回しが楽で、のり心地も悪くない感じがします。

 

これだと普段使いもできると家族も納得…

 

長い付き合いになるトイファクトリーアルコーバですから大切に乗りたいと思っています。

 

 




 

 

急に動きが出てきたのはキャンピングカー納車の4週前!

ショップさんから『車庫証明に関する最終的な確認』の入電

キャンピングカー(トイファクトリーアルコーバ)の購入契約から、ちょうど1年後のある日のこと…

 

九州地区で、トイファクトリー代理店のご担当者さんから、車庫証明に関する確認の連絡がありました。

 

どうやら、私の地元エリアに所属する行政書士の先生による手続きがスタートしたらしいのです(具体的に確認してないのですが、多分、行政手続きを代理する行政書士の先生だと思います)。

 

具体的な確認事項は割愛させていただきますが、確かに動き出した感じを受けるやりとりでしたので…

 

「いよいよ納車だな〜」

 

と家族とともに喜んだ次第です。

 

キャンピングカーの購入検討から現在に至るまで、2年近いお付き合いとなっているショップのご担当者さんとは、大変に良好な関係が構築できてます。

 

なので、今回の連絡が決して突然ではないのですが、納車に直結するやりとりとしては、初めてのようなイメージを受けたのです。

 

『納車4週前頃から急に動き出す』

 

そんなイメージの納車直前期なのでした。

 

クレジット会社からの契約内容確認の入電

ショップさんから車庫証明に関する入電をいただいた際に…

 

『クレジット会社から確認の連絡がありますので…』

 

とご案内を受けました。

 

すると、そのとおりに直ぐにクレジット会社から私に入電

 

・契約内容の確認(金額、支払回数、支払日など)

・自動車の所有者がクレジット会社になること

・その他の確認事項

 

これらの事項について、電話でやり取りを行なったのです。

 

詳細については、後日の郵送物とのことですから、詳細はその時に確認することで了解しました。

 

多分、一般的に行われる確認のステップだったと思います。

 

利用金額がとても大きいので、いつもとは異なる確認なのかなと思っていたのですが、実は、普通の確認でした。

 

なお、自動車の所有者がクレジット会社になる点については、承知しているのですが、完済したあとは、私の名義へ変更するかどうか…

 

一般的なことを尋ねてみたところ…

 

『サポートセンターが対応しますので、そちらで…』

 

というご案内。

 

担当窓口が異なりますので、後日確認することにしたのです。

 

クレジット会社からの入電は、納車がいよいよだと実感する手続きでした。

 

印鑑証明書の再取得に至った2週間前!

印鑑証明書の有効期限切で再取得することに…

さて、車庫証明手続きが完了したので、自動車登録と考えていたところ、なんと、添付していた印鑑証明書の有効期限が切れてしまうことになったのです。

 

ショップさんには全く問題はありません。

 

私が『良い日』の納車日を指定したため、実納車日の3日前に有効期限切れに至ったのです。

 

ギリギリ期限切れ発生という惜しいタイミングですが、行政手続きですから仕方ありませんでした。

 

自動車登録に添付する印鑑証明書の有効期限は3ヶ月間だった…

私が不明だったのですが、自動車登録申請書に添付する印鑑証明書の有効期限は3ヶ月だったのですね。

 

少し早めに印鑑証明書を取得しましたので、このような事態に至りました。

 

やはり、自動車登録の予定日をしっかりと確認しながら、印鑑証明書を取得した方が良いのかもしれません。

 

納車5日前に『納車説明』を受けるというイレギュラーなスケジュール

私の個人的なスケジュールのため、納車当日に納車説明を受ける時間がないものですから、事前に納車説明を受けることになりました。

 

最終の仕上げ作業を行なっている中の対応で、本当に申し訳なく思いました。

 

なお、シガーライターやセキュリティ装置など、私が購入した製品を持ち込みましたので、最終の仕上げ作業で取り付けを行っていただくことに…

 

本当に助かった事前の納車説明でした。

 

待望の納車は『良い日』とされた平日に…

科学的な話ではないのですが…いわゆる『良い日』を納車日に設定

私は、『良い日』について、それほどまでのこだわりはないのですが、家族が相当に心配をしまして…

 

そのようなことから、家族が『良い日』を選定

 

すると、たまたま、2019年のその日が少ないとのことで、契約から丸1年後の納車ということになったのです。

 

それも如何なものかと私は思いましたが、家族の理解を得なければ、キャンピングカー購入そのものが不可能に…

 

しぶしぶ私も納得してこの日になった次第です。

 

この点、ショップさんにも大変ご迷惑をおかけしましたので、大変申し訳なく思っているところです。

 

平日なので休暇を取得して対応

『良い日』が平日なので、休暇を取得。

 

朝一番で自宅で納車、交通安全祈願という流れで、納車の日を迎えます。

 

交通安全祈願は、交通安全の守護神『宗像大社』

 

日本初の自動車用のお守りを考案した神社でお守りをいただくことに…

 

久しぶりの休暇取得が、待望の納車日となりました。

 

初めての車中仮眠泊は納車の翌朝出発することに…

納車日が金曜日でしたので、当日は休暇を取得。

 

ただ、職場の懇親会が開催される関係で、夜のみ出席したのです。

 

夜出発で前乗り車中仮眠泊も考えたのですが、帰宅は21時前頃になりますので、ここは無理をせず、翌朝9時頃出発する計画をしました。

 

なので、記念すべき初泊は、普通に出発することに…

 

次の車中仮眠泊は、夕方出発で前乗りスケジュールが可能ですから、初泊と比較してみたいと思います。

 

 

▶︎「でなおし」ブログのキャンピングカーまとめ記事もご覧ください!

 

 

まとめ

本日無事にキャンピングカーの納車が完了しました。

 

契約から12ヶ月間を要しましたが、いろいろ検討を重ねてきましたので、あっという間だった気がします。

 

キャンピングカーは大きな買い物ですから、購入にあたっては、慎重な検討で後悔しないキャンイングカーの購入を実現したいですね!