このブログは、49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。

 


 

お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

 

2019年6月にキャンピングカー(バンコン)が納車予定なのですが、事前の準備としてショップで打ち合わせをしました。

 

「ドラレコ、バックモニター、フォグランプなど最終的なオプションを決めないと…」

「ポータブル電源でキャンピングカーの外部電源から充電可能?」

 

あれこれ考え始めると不安になることばかりです。

 

キャンピングカー申し込みから約10ヶ月経過しましたので…

 

「ところで…いつ、契約したっけ?」

 

と思い出せないくらい前の出来事のように感じます。

 

そこで、納車2ヶ月を切った今ショップを訪ねて確認してみようと!

 

これには家族も快諾!

 

具体的かつ細かな点を詰めることができましたので、本当に充実した打ち合わせになりました。

 

ゴールデンウィーク前の忙しい中対応くださったスタッフさんに感謝いたします!

 

▼九州在住の私がトイファクトリーを購入するには代理店の「RVランド九州・鳥栖展示場」さんを経由する必要があります。初回訪問から2年近く経過してますので長いおつきあいですね。

 

▼トイファクトリー大人気のバーデンがありました。しかもグランデ仕様!

 

▼右側には拡張されたアクリル二重窓。

 

▼グランデ仕様なので左側もアクリル二重窓です。

 

▼グランデ仕様は後部窓もアクリル二重窓になります。

 

▼後部に印刷されたトイファクトリーのロゴ。

 

キャンピングカー納車2ヶ月前にショップで打ち合わせをする理由

私が購入契約を締結したキャンピングカー(バンコン)は…

 

「トイファクトリー アルコーバ」

 

トイファクトリーは、バンコンタイプとしては国内シェア第一位を継続しているビルダーということもあり、購入契約から納車まで少なくとも半年以上必要とされています。

 

私の場合、契約から納車まで最短だと8ヶ月程度で納車の可能性があったのですが…

 

実は家族がこだわる「良い日」というものを考慮した関係で契約から11ヶ月後のタイミングになったのです。

 

なので、納車までの長期間を要する原因の何割かは私達サイドの都合ということですね。

 

また、最近購入したポータブル電源でキャンピングカーの外部充電が可能か否か

 

事前に実際に確認したかった…

 

ということがありました。

 

もし充電可能であれば!?

 

外部充電の差し込み口を室内に増設する工事をオプションしたいと考えたからです。

 

これが実現するとサブバッテリーの減りを若干なりとも抑えることができるのではと期待

 

やはり、暑い日の車中泊ではクールポンプシステム(家庭用エアコン)の稼働は必須ですので。

 

打ち合わせ内容と結果

打ち合わせ内容と結果を整理してみまます。

 

登録日と納車日

いわゆる「良い日」。

 

私はあまり信じてないのですが、家族の強い思いがあったことで外せなくなりました。

 

予定の納車月(2019年6月)であれば登録日から納車日まで3日間しかありません。

 

本当にピンポイントなため、ショップの方にはご迷惑をおかけすることになったのです。

 

ショップさんからは快諾をいただき感謝しております。

 

納車日の時間的スケジュール

さて、「よい日」の納車が決まりましたので当日のスケジュール。

 

納車すると神社で安全祈願をする方は多いと思いますが、私も祈願をする予定です。

 

その関係で、納車(キャンピングカーの受け取り)が終了するとその足で神社へ行くことになりました。

 

しかも、「神社の安全祈願が午前中(12時10分)までに終了しなくちゃね!」と家族から指摘。

 

ショップから神社までに移動時間を考慮するとタイトなスケジュールになりますが、高速道路を利用することで何とか対応可能と想定できました。

 

また、ショップさんの営業開始直後から納車説明受けることで神社への移動に余裕を持ちたいとも考えます。

この点もショップさんからは快諾いただきました。

 

ポータブル電源でキャンピングカーの充電が可能か?

一番気になっていたのですが…

 

キャンピングカーの実機で確認しましたが、稼働は大丈夫だったので、ポータブル電源によるサブバッテリーの充電に問題ないという結論に。

 

これで、サブバッテリーの容量低減防止に役立つと考えてます(これは本当に助かりました)。

 

ちなみに、打合せ一時間半程度の充電でコントロールパネルのサブバッテリー目盛りが一つ上がりました

ただ、ショップ実車のサブバッテリーの状態は最高に良いですから、あまり参考にはならないかもしれませんが一つの参考にはなりそうです。

 

今回私が購入したポータブル電源は…

 

「LACITA ポータブル電源小型」

 

小さいながらも最大出力が400W!

 

リチウムポリーマー電池で安全性が高く、充放電回数が500回!

魅力を感じたポータブル電源でした。

 

 

▼私が今回購入したポータブル電源です。

 

▼ポーテブル電源でサブバッテリーが充電可能かどうか…確認です!

 

▼外部電源挿入口から100V入力可能です。

 

▼1時間半程度の充電時間でサブバッテリーのメモリが一つあがりました。

 

ドライブレコーダー

あおり運転が問題視されている昨今。

 

事故時の記録としても高人気のドライブレコーダーです。

 

私もドライブレコーダーは必須と考えてますので、前方と後方に設置したいと考えていたのですが…

 

ショップさんのお話によると、スーパーロングのベース車両に一台のドライブレコーダーで前後の配線工事がケーブル長的に厳しいようなのです!

 

通常はドライブレコーダーのオプション配線の長さは5m

 

なので、スーパーロングでは工事不能ですね!

 

また、私の場合グランデ仕様のため後部の窓がアクリル二重

 

カメラを付けたとしても実際には窓の内側からの撮影では出来ないようなのです。

 

したがいまして、ドライブレコーダーは前方に一個のみ設置と決定しました。

 

なお、エンジン停止した後一定の時間バッテリー駆動による監視機能を備えたドライブレコーダーを選択しています。

 

ナビゲーションなどの液晶画面

ナビゲーションについては、ハイエースに標準的に設置されることが多いパナソニックを考えてましたが、補助席に着座する家族専用の画面を設置する2画面構成することになりました。

 

8インチ画面がインパネ内に二つの画面が並ぶことになります。

 

助手席用の画面には取り付け角度を若干左側へ。

 

つまり、画面を助手席側に向けた家族の視認性が良いアングルにすることにしました。

 

また、外部からの光の差し込みによるディスプレイの写り込み軽減のため、画面の上部に「ヒサシ」を取り付けます

 

「ヒサシ」には上部に広大な物置のエリアが設定されてますので、何かと便利が良さそうです。

 

これは実際にカタログを見ながら選択したパーツですがとても気に入りました。

 

フォグランプ

標準で設定されているフォグランプですが、夜間走行を考慮して車検を通過する最大に近い明るさをもったフォグランプを付けることにしました。

 

金曜日の仕事終わり出発というスタイルで考えると、夜間の視認性向上は安全運転のポイントと考えたのです。

 

金曜日の夜が雨降りだと週末の車中仮眠泊はキャンセルした方がいいかと思いますが…

この点は実際に納車された後考えたいと思います。

 

その他

細かなことですが、展示車両にはグランデ仕様と標準仕様がありましたので、気温が高い屋外でドアを開けた時の顔に感じる暑さの違いを体験しました。

 

グランデ仕様は全面アクリル二重窓(フロントガラスと運転席と助手席は通常のガラスですが…)になっているので、その効果ではないかなと期待した次第です。

 

ドアを開けた瞬間に感じる暑さの違い…

確かに違いました。

 

▼店内にはカセットトイレに使用する液剤。納車とともに購入しかければいけないですね。

 

▶︎「でなおし」ブログのキャンピングカーまとめ記事もご覧ください!

 

まとめ

今回納車2ヶ月前の打ち合わせということで、小さな点まで具体的に詰めることができたので本当に有意義でした。

 

とくに、ポータブル電源によるサブバッテリーの充電が可能なことを確認できたのは本当に良かったと思います。

 

次の打ち合わせはトイファクトリーからショップへ納車されたタイミングとなりますね。

それまでの間、小物類など最終的な検討を詰めたいと思います。