お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

さて、サービス付き高齢者向け住宅の予約を検討した結果…

「現在52歳の私は入居の予約は済ませておこう…」

という家族会議の結果を受け、ついに、予約手続きを完了。

あれこれ思案したことも多かったのですが、サービス付き高齢者向け住宅の環境(拠点病院に近く、コストも程々で、JR駅にも近くアクセスも良い等々)が、私たち家族の要件に合致したことが最大の要因です。

施設のロビーでは、明るい高齢者が…

「行ってきまーす!」

とお買い物に出かける様子も見られ、施設の運営状況の一部を垣間見ることもできました。

環境の良いサービス付き高齢者向け住宅は、将来の安心感の一助になるのかもしれません。

 

 




 

 

現在52歳の私が予約をした理由

多くの入居希望者で順番待ちの状態

老人ホームや介護施設など、その種類は多数存在していますので、どの施設が自分に合っているのか本当のところ不明な部分が多いかと思います。

民間型か公共型か、要介護状態を対象とした施設か自立状態を対象とした施設か等々、本当に多数の種類があり、選択に迷うことばかりです。

しかし、共通して言えるのは殆どの施設で入居の順番、つまり、入居までの期間が長期に及ぶことが多いようです。

特に、公共型の施設については、数ヶ月から数年待ちという待ち時間が存在しているようです。

当然ながら入居の順番が到来しなければ入居できない

入居したい時、つまり、要介護状態になった時や介護サービスを受ける必要に至った場合に入居したいというのが通例だと考えますが、その場合にネックになるのが、入居待ちの時間です。

当然ながら私よりも先に入居待ちの方が多数おられますから、申し込みをしたとしても、直ぐに入居は困難なことが多いようです。

したがって、待ちの間は、家族の介護など他の方法をソーシャルワーカーや家族など関係者との打ち合わせをしながら最適な対応を考えていくようですが、いずれにしましても、この待ちの期間がネックとなっているようです。

具体的な入居時期が不明でも予約をした方が良いと考えた理由

要介護状態に至らなければ予約ができないか否か全ての施設を確認したわけではありませんし、私が将来入居を希望している施設での確認ですので、この点はご了承いただきたいと思います。

私が将来入居を予定している施設は、サービス付き高齢者向け住宅で。

このサービス付き高齢者向け住宅は、夫婦のいずれかが60歳に達していれば入居は可能とななりますので、元気なうちに入居するという方が多いのではないでしょうか。

60歳に達していなくても要介護認定や要支援認定を受け、かつ、40歳以上であれば入居は可能となります。

私のように、49歳にして脳出血という脳血管疾患を患っている場合、上述の要件に該当すると、52歳の現在でも夫婦ともに入居は可能となることです。

食事のサービスや生活相談、生活支援、安否確認、また、要介護状態となった場合の支援など、いろいろなサービスが用意されており、大きな疾病を経験している方にとっては、安心感がある施設だと思います。

例えば食事などは、3食全てを摂取しなくても、一定の金額を支払うことでいわゆる自炊が自室で可能です。

なので、夫婦のいずれかが体調不良で食事がうまく作れない場合などとても便利なシステムです。

また、夫婦二人でキャンピングなど外泊をする場合、欠食扱いすることで食費の低減に繋がる良いシステムとなってます。

拠点病院の側にこのような施設があることは、私にとってはとても心強く感じました。

実際の予約

時間の経過とともに入居の順番が上位へランクされるシステム

家族で話し合った結果、十分に納得したしましたので、実際に予約をすることに…

この予約は、今直ぐに入居したいというものではなくて、入居の権利を確保するという意味合いが強いものでした。

なぜかと言いますと、今回予約を済ませた私が実際に入居可能となるまでには、数年間の時間が経過しなければ、入居の順番が回ってこないのです。

例えば、今から5年程度経過し私が57歳になった時に、入居の順番が上位にランク。

いつでも入居可能となった場合に、私の状況で入居しなくても大丈夫(60歳に達してませんので要介護又は要支援の認定を受けてなかったとして)という判断になりますから、私のランクだけ上がっていくということになります。

つまり、60歳に達した時点で直ぐに入居可能となりますから、現段階で予約することは有益だと考えた次第です。

実際に予約手続き

いわゆる「予約受付票」に記載するのみでした。

とても簡単な手続きに思わず驚いたのですが、将来のことを先取りしながらライフスタイルを選択していくことが大きな安心感に繋がるような気がした今回の手続きでした。

 

 

▶︎「でなおし」ブログの健康・医療まとめ記事もご覧ください!

 

 

 

 

まとめ

今回予約した施設は、「サービス付き高齢者向け住宅」です。

施設には多くの種類がありますので、それらを選択していくことは、家族の将来にとってリスクファクターを解消する一助になるかと思います。

早め早めの検討が必要な時代かもしれません。