このブログは、49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。

 


 

お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

 

49歳で脳卒中(脳出血)を発症してから、4年半が経過しました。

 

この間、いろいろな再発予防を取り組んできましたが、『断酒』も取り組みの一つ。

 

ところが最近、飲酒と脳卒中との関連について、研究で明らかになったことを知ったのです。

 

「脳卒中を脳梗塞と脳出血で分けていることは素晴らしい!」

「飲酒との関連が数値化されているので、飲酒再開の目安にもなるし!」

 

貴重な研究結果に触れることができましたので、飲酒再開を科学的根拠に基づいて自分なりに考えることで、理解度が高くなると考えてます。

 

今回の検討を主治医に相談し、一定の理解が得られるかどうか…

 

確認してみたいと思います。

 

 




 

 

『飲酒と脳卒中発症との関連について』によると脳出血と脳梗塞で発症の関係が異なる結果に…

国立研究開発法人 国立がん研究センター 予防研究グループの研究の成果とは…

飲酒の量について

本当に気になる飲酒量なのですが…

 

アルコール摂取量を日本酒基準で考えたとき、1日平均3合以上飲む人は脳卒中の発症率が1.64倍

 

高血圧を調整した結果でも、1.43倍となってますので、これは本当に気になるところです。

 

私は、脳卒中(脳出血)を発症するまでは、ほぼ毎日、飲酒(ビールや焼酎などを飲酒)をしていましたので、下のグラフでは1.64倍を超える倍率だったと思います。

 

ゾッとしますが…

 

私の場合、この研究成果ではハイリスクを抱えていたことになりますね。

 

▼※国立研究開発法人 国立がん研究センター 予防研究グループのホームページから引用

 

飲酒の頻度と脳出血と脳梗塞の発症について

下のグラフは、脳出血と脳梗塞とに分けて発症の関係を表しています。

 

私は、日本酒換算で1日3合以上飲酒をズット継続していましたので…

 

なので、脳出血の発症率が、2.51倍を超える倍率ということになります。

 

・飲酒の量が増えるにつれて、発症率が上がる脳出血

・飲酒の量が増えても、発症率があまり変わらない脳梗塞

 

この違いが明らかにされています。

 

上述しましたが、私の場合、この2点とも研究成果と合致していたことになります。

 

▼※国立研究開発法人 国立がん研究センター 予防研究グループのホームページから引用

 

引用元のページは以下によります

▶︎国立研究開発法人 国立がん研究センター 予防研究グループのホームページ

 

 

私が検討した飲酒再開の考え方

この研究成果を踏まえ、私なりに飲酒再開の条件を検討してみました。

 

この検討をかかりつけ医に相談…

 

一定の同意が得られれば、飲酒再開をしたいと思っています。

 

『1日1合未満を時々飲む』ペースで飲酒を再開するという結論!

脳出血を発症した私の飲酒再開の条件を以下のとおりです。

 

・飲酒量は、日本酒基準で1日1合未満

・飲酒頻度は、月に1〜3回以内

 

かなり少ない飲酒量と飲酒の頻度ですが、これを上回る量と回数になると、脳出血を発症した私の再発のリスクが上がってしまうと考えました。

 

なので、職場の懇親会などは、不参加が継続(現在懇親会は全く参加してない状況)し、キャンピングカーの旅など、個人的なイベントや自宅での飲酒になるかと思います。

 

脳出血の再発予防を考えながらも飲酒を再開するのかという考えがあるものの…

『再発が心配だったら断酒を継続すればいいじゃん!』

 

そう指摘されそうなのですが…

 

研究成果によると、断酒をした場合(グラフでは飲まない場合)の脳出血発症率が、時々飲む(月に1〜3回飲む)場合に比べて1.49倍になっているのです。

 

いろいろな要因があるとは思うのですが、断酒が時々飲むの1.49倍とは驚きました!

 

これが飲酒再開の最大の根拠となっています。

 

私は、もともと飲酒をするタイプでしたので、無理に飲酒することはありません。

 

なので、今回の研究成果が指摘している飲酒量と飲酒の回数の中で、脳出血の発生倍率が最も低い点を私の飲酒再開の条件にしたのです。

 

これが良いかどうかは不明なのですが、この研究の成果をかかりつけ医に提示して、相談してみようと思います。

 

 

 

 

(2020年2月8日追記)

▼科学的根拠をもとにかかりつけ医に実際に相談してみた記事もご覧ください!

(S)脳卒中者が科学的な根拠を元に飲酒再開を医師に相談しました!

 

 

▶︎「でなおし」ブログの健康・医療まとめ記事もご覧ください!

 

 

まとめ

以前から、適正飲酒は心と体に良いと言われていましたが、私は飲酒量と飲酒の回数が不適正だったことも、脳卒中(脳出血)発症の原因の一つだったのではと思うところです。

 

なので、飲酒を再開することの条件をキッチリと定めることで、再発率をあげないことが実現できるのではないかと考えました。

 

かかりつけ医がどのように指摘するか…

 

楽しみにしています。