このブログは、49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。

 


 

お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

 

2019年最後の投稿になります。

 

福岡県北九州市小倉南区にある『今浪うどん』は、うどん麺の上に大量の角肉が盛られている『肉肉うどん』が特徴的なうどん店。

 

「牛肉のブロックが大量に盛られている肉肉うどんは…初めて!」

「黒色の出汁、肉肉の盛り、秘密のケンミンショーに出るだけの特徴はあるね!」

 

テレビ放映されたから訪店したわけではないのですが、以前から気になっていた『今浪うどん』

 

小倉競馬場に近いところに所在するお店は、競馬ファンや地元の方で大にぎわいでした。

 

牛肉の角肉をモリモリ食べながらいただくうどんは、腹持ちが良く、最高に美味しいもの…

 

オススメのうどん店だと思います。

 

 




 

 

福岡県北九州市小倉南区にある歴史ある名店『今浪うどん』!

昭和46年創業の歴史あるお店!

創業から50年を超えているお店だったとは驚きです。

 

北九州市小倉南区の北方という住宅地の中にあるコジンマリとしたお店がレトロな雰囲気を醸し出します。

 

やはり、歴史を感じるうどん店ですね。

 

▼本当に普通に住宅地にあるお店なのです。

 

キャンピングカーは混み合う時間帯を避けた方が無難かも…

大人気のうどん店なので、訪店する時間は工夫した方が良いかもです。

 

とくに、キャンピングカーなど、大きめの車の場合、他のお客さんとの兼ね合いも考えますと、やはり、お客さんが少ない時間帯が良いかと。

 

私が訪店したのは14時頃でしたが、それでも駐車場の8割程度埋まってましたので…

 

▼駐車場は1〜17番が指示されています。他の場所は普通に月極めのようですから、ご注意ください。

 

▼14時頃でこの状況。再奥に止めることができました。

 

▼ハイエースのスーパーロングのため、Uターンなど手間がかかりますが、駐車には問題はありません。再奥がスペースが広いかと。

 

歴史を感じる店内の壁には多くの取材の模様が…

訪店すると、大勢のお客さんがおられましたので、壁際のカウンター席に着座。

 

すると、壁には『秘密のケンミンショー』や『きらり九州めぐり逢い』など、多数の番組取材を受けた様子が掲示されているのです。

 

『あ〜、このシーンあったね〜』

 

そんなこと話しながら、メニューを選択です。

 

▼カウンターに着座。ランチタイムをずらしていたのですが、それでも大勢のお客さんですね。

 

▼早速訪店すると、お箸にはこのような文字が…『全』でしょうか『金』でしょうか…私には不明なのですが。

 

▼メニューよりも多くのサインがあったような気がします。テレビ放送されているんですね。

 

▼2015年撮影の写真もありました。スタッフさんが多いことに驚きます。訪店したときも5〜6人ほどおられたような気がします。

 

選択したメニューは『肉肉うどん』と『肉うどん』と『いなり』

『肉肉うどん』と『肉うどん』の肉量の比較!

今浪うどんといえば、牛肉が麺の上に盛られたうどんが特徴です。

 

なので、私が『肉肉うどん』、同行の家族が『肉うどん』を選択

 

早速、提供された二つのうどんの肉の量を比較してみると…

 

・麺の上全面に牛肉が守られているのが肉肉うどん

・麺の中心部のみ牛肉がもられているのが肉うどん

・肉肉うどんは牛肉で麺が見えない

 

明らかな相違点はこれくらいです。

 

うどん麺や出汁、牛肉そのものに違いはありませんので、あくまで盛られる量が異なるのみ!と理解して良さそうです。

 

なお、瑣末なことですが、提供される順番は、肉うどんの方が先でした!

 

▼肉うどんは中央に牛肉が盛られています。

 

▼肉肉うどんは全面に牛肉が盛られていて、その下をうかがい知ることができません。

 

ブロックというか角というか…大きい牛肉が大量に盛り付けられた『肉肉うどん』!

出汁の黒色にも驚きますが、何より、牛肉の多さと大きさに驚きます。

 

時間をかけて煮込まれた牛肉がうどん全面に敷き詰められている様子は圧巻。

 

減塩に取り組んでいる私が驚かなくてはならない出汁の黒色(塩分量)のことが完全にぶっ飛んでいます。

 

それほどインパクトがある肉肉うどんなのです。

 

炭水化物を最初に食べると血糖値の急上昇を招き膵臓に負担をかけますので、最初に牛肉を食べます。

 

『塩分が多いけど仕方ない』

 

と思いながら食べた牛肉は、意外にしょっぱくないのです。

 

牛肉を一口食べると、おでんで煮込まれた肉のようにシッカリとした食感。

 

いくつか食べると、満足感が上がってまいります。

 

牛肉を半分程度食べると、うどん麺が普通に見えてきますので、初めて麺に!

 

ものすごくコシが強いわけではないのですが、シッカリとしたコシと柔らかくない麺。

 

ちょうど中間的なコシの麺ではないでしょうか。

 

また、黒色の出汁の塩分は、見た目ほど塩っぱくないので、減塩に取り組んでいる私でも少量であれば大丈夫。

 

牛肉とうどん麺と黒色の出汁の特徴は、今浪うどんならではだと思います。

 

牛肉うどん麺ネギを一緒に食べると絶品です!

 

▼牛肉の塊みたいなものです。小さなブロックですね。

 

▼牛肉、うどん麺、ネギをまとめていただきます。

 

おろし生姜を入れることで素晴らしい味変を体験!

各テーブルには、おろし生姜が用意されています。

 

『どのようにして食べるおろし生姜?』

 

実は、うどんの中に投入して食べるらしいのです。

 

隣のお客さんが豪快に生姜を投入しているのを見た私は、3杯投入!

 

出汁に生姜が溶けると勿体ないので、なるべく溶かさずに麺をいただきますと、これが素晴らしく美味しいのです。

 

寒い時期なので、ポカポカする生姜を思いっきり入れて食べると良いと思います。

 

▼おろし生姜が大量に用意されています。

 

▼一杯投入!

 

▼結局3杯投入してみました。これ美味しいです!

 

▼お出汁以外は完食。美味しいうどんでした。

 

濃いすぎない味が好感な『いなり』

さて、いなりも食べてみましたが、特段味が濃いという印象は受けません(私は好印象)。

 

なので、うどんを食べながらいただくと、美味しいいなりが楽しめます。

 

肉肉うどんには、牛肉が豪快に盛られていますので、それだけでも腹持ちが良いのですが、いなりを一緒に食べるのもオススメです。

 

工事関係の皆さんは、肉肉うどんの大と、いなりを頼んでましたので、ボリューム感は満足だと思います。

 

▼かわいいお皿に一つ盛られたいなり。

 

▼うどんとの相性は抜群ですね!

 

 

▶︎「でなおし」ブログのグルメまとめ記事もご覧ください!

 

 

店舗情報

所在地 福岡県北九州市小倉南区北方3-49-29

店舗名 今浪うどん

電 話 非公開