このブログは、49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。

 


 

お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

 

キャンピングカーの旅で、利用することもある高速道路。

 

東九州自動車道は、福岡県から大分〜宮崎方面へ伸びる便利なルートです。

 

「無料区間があるって聞いたけど、現在は…どこの区間?」

「片側一車線の対面通行だと、万が一の場合はダメージが大きいかも…」

 

普段は高速道路の利用はあまりない私ですが、無料区間があれば利用してみたいと思うのでした。

 

ただ、確実に無料区間を把握したいとも思い、NEXCO西日本お客様センターへ電話で確認。

 

その結果、佐伯IC〜延岡南ICまでの区間が無料だったのです(2019年12月現在)。

 

初めての区間を走行しましたが、一般道路を通行するよりも明らかに時間短縮に!

 

大分方面から宮崎方面へ移動される際は有効利用したい、東九州自動車道の無料区間でした!

 

 




 

 

東九州自動車道の佐伯IC〜延岡南ICの間が無料区間!

NEXCO西日本お客様センターへ無料区間を確認したところ…

インターネットやパンフレットなどで確認しようとしたのですが、どの区間が無料なのか…

 

自信を持って走行することができなかったので、NEXCO西日本お客様センターへ電話で確認してみました。

 

すると、佐伯IC〜延岡南ICの間が無料区間と判明。

 

安心して利用することができたのです。

 

▼60km程度の無料区間は利用価値が高いですね。※グーグルマップから引用

 

実際に東九州自動車道の佐伯IC〜延岡南ICを走行!

佐伯IC〜延岡南IC方面へ移動してみました!

佐伯ICの入り方は分かりやすかったと思います。

 

ナビゲーションのみで安心走行が可能。

 

無料区間の利用はとてもお得感がありますので、テンションも上がりました。

 

▼ナビゲーションでビシッと案内します!

 

▼写真のように『無料区間』との看板を確認して本線へ流入します。

 

時間短縮の効果!

・佐伯IC〜延岡南ICの間は、約1時間

 

余裕を持った安全運転で走行した場合でも、約1時間あれば走行可能です。

 

私はキャンピングカー(ハイエーススーパーロングワイド)なので、車両重量が重たいですので、スピードは控えめに走行します。

 

それでも、1時間あれば走行することが可能でした。

 

ドライブ疲労軽減の効果!

高速道路を通行しなければ、山あいの国道10号線を走行することに…

 

なので、ドライブの疲労軽減に繋がることに間違いありあませんね。

 

これは楽だと思いました!

 

基本的に対面通行ですが中央分離帯施工箇所があり安心感も向上!

佐伯IC〜延岡南ICの区間は、基本的に対面通行なので、衝突事故の心配があります。

 

この点、中央分離帯には衝突事故を軽減する遮蔽物(対向車が飛び込んでこないような措置)が施工されている区間が多いので、安心感が向上しました。

 

いずれは、全ての対面通行箇所に施工されるとは思うのですが、一度に全ては難しいのでしょうね。

 

▼基本的に対面通行ですが、コンクリート製の中央分離帯が施工されています。

 

▼長い区間で中央分離帯の施工があります。中には、コンクリートではなくワイヤー式もありました。

 

利用価値が高い!区間の途中にある『道の駅北川はゆま』

約60kmの無料区間内にはサービスエリアやパーキングエリアはありません。

 

代わりに、沿線付近に道の駅が複数ありますが、その中でも『道の駅北川はゆま』は、インターチェンジに隣接している点で、大変便利な道の駅となっています。

 

私も利用しましたが、インター出口に設置されている道の駅の便利さに驚いたのでした(本当にインターに隣接している距離なのです)。

 

道の駅出入りの際は、くれぐれも周辺の車にはご注意ください。

 

 

▶︎「でなおし」ブログのドライブ・旅行まとめ記事もご覧ください!

 

 

▼2020年3月以降のドライブ・旅行記事は別ブログで投稿しています!

(K)カヤの車めぐり旅

 

 

まとめ

東九州自動車道は、開通するタイミングで無料から有料に変更されていた経緯もあります。

 

なので、『今、どこが無料?』と心配になることもありましたので、今回確認してみました。

 

実際に走行すると、時間短縮やドライブの疲れ軽減など、メリットが多い佐伯IC〜延岡南IC区間

 

こちら方面へドライブの際には利用したいと思います。