このブログは、49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。

 


 

お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

 

当、雑記ブログのグルメ記事数が、100に到達することになりました。

 

「ブログ開始から5年以上経過したら、グルメ記事が100に到達!」

「100以上の訪店なので…全部で何箇所のお店に行っただろうか」

 

この5年以上の間、かなりの外食回数となりましたが…

 

脳卒中(脳出血)の既往がある私は、生涯を通じて減塩に努めなければならないので、外食には工夫が必要です。

 

なので、外食と減塩の両立を果たしながら、今後もグルメ記事を投稿したいと思っています。

 

また、記事を作成するにあたっては、次にことを心がけるようにしています。

 

・タイトルにお店の場所と店舗名を入れる

・訪店して食べたメニューを投稿する

・自分が撮影した写真を多めに入れる

・『あれ?』と不満足に思ったお店は投稿しない

 

また、1記事あたりの文字数は、2,000〜3,000程度でしょうか…

 

短めになるよう心がけています。

 

 




 

 

タイトルにお店の場所と店舗名を入れる

どこにあるお店なのか…

 

店舗の場所は、大切な要素だと思いますので、お店の場所と店舗名はタイトルに入れるようにしています。

 

文字数の関係で、入れないこともなくはないのですが…

 

ほぼ、入れるようにですね!

 

また、グルメまとめ記事では、地域別に記載していますので、これとの相関も合わせるようにしています。

 

訪店して食べたメニューを投稿する

自分が食べたメニューでなければ、感想を入れた投稿はできません。

 

なので、私と同行の家族が食べたメニューについて、書くようにしています。

 

メニュー選択は、自分が好きなもの(興味を持ったもの)を選択することがほとんどですが、中には、口コミやオススメ情報を尊重し選択することもあります。

 

自分が撮影した写真を多めに入れる

動画撮影ができない私ですので、写真を多用することにしています。

 

お店の外観や駐車場の様子(キャンピングカーでも駐車可能か否かなど注意点含む)、料理など、なるべく多くの情報を伝えるため、投稿写真の枚数は10枚程度以上はあるでしょうか。

 

また、撮影に使用しているカメラは『ライカC』を使用。

 

マクロ撮影も可能なコンパクトカメラですので、その描写力には満足しています。

 

▼ライカC購入の投稿はこちらをご覧ください。

(S)高級コンデジのライカCを購入!C-LUX登場でも利点多し

 

訪店するお店の選択の仕方

キャンピングカーで車中仮眠泊を楽しむ私ですので、基本的に駐車場が確保されている店舗が多いのですが…

 

・るるぶ情報誌などに掲載されているお店

・グーグルマップで探したお店

・出先で聞き取った地元の方オススメのお店

 

これらを中心にお店を選択するようにしています。

 

また、複数の情報を重ねることで、確度の向上に繋がっているようです。

 

なので、大きく外れることはありませんから、訪店したお店のほとんどは、投稿しています。

 

『あれ?』と不満足に思ったお店は投稿しない

それでも、中には…

 

『あれ?』

 

と思う店舗もありますので、それは投稿することはありません。

 

タイトルには、『オススメ…』と記載することも多いのですが、それと反しますので…

 

減塩に取り組む私が心がけていること

減塩については、記事作成とは直接関わりはありません。

 

しかし、脳卒中(脳出血)を発症した私にとっては、減塩は生涯取り組む事項です。

 

長くグルメ記事を作成するためにも、減塩の継続は必須。

 

そこで、次のことを心がけるようにしています。

 

・ラーメンなどの汁は、最初の一口のみ楽しむ(残りは残す)

・サラダはドレッシングをかけない(少しだけかけることもあります)

・外食は1日1食までとする(たまに守れないこともあります)

・外食の前後の減塩は強力に取り組む(塩分量を極限まで抑制する)

 

守れてないこともありますが、基本的なマイルールとしています。

 

 

▶︎「でなおし」ブログのグルメまとめ記事もご覧ください!

 

 

まとめ

ここ最近のグルメ記事は、これらのことを心がけながら投稿しています。

 

アクセスを確認しますと、意外に多くの方からご覧いただけているようで、私のモチベーションにも…

 

良いと感じたことは素直に記載することも大切なので、誇張表現に十分注意しながら投稿を継続していきたいと思います。

 

いつもご覧いただいている皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。