このブログは、49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。

 


 

お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

 

キャンピングカーに装備されているカセットトイレに使用する消臭剤のことですが…

 

正直なところ、どのメーカーの製品を使用すれば良いのか不明なことがあります。

 

「納車の際に入手した製品はアクアケムグリーンとアクアリンスプラスだったから…他を使ってみたい…」

「トイレ製造メーカーのドメティックの製品にも興味あるから…」

 

初回の購入は、カセットトイレメーカーと同じドメティック製品にしてみたのです。

 

使用感は後日投稿する予定ですので、まずは、使用法など考えてみました。

 

納車時に入手したのは『アクアケムグリーンとアクアリンスプラス』

トイレやシンク周りに使用する消臭剤や防腐剤など、全く知識がない私が最初に入手したのは、『アクアケムグリーンとアクアリンスプラス』でした。

 

・アクアケムグリーンは、ブラックタンクとグレータンクに使用

・アクアリンスプラスは、フラッシュウォーター(洗浄水)に使用

 

小さめのボトルだったので、数回しか使用してませんが、液剤の匂いなどはそれほど気になるものではありませんでした。

 

ブラックタンクそのものの匂いについても、アクアケムグリーンはしっかりとコントロールしていた感があります。

 

ただ、暑い時期に使用したので、3日目ともなればトイレタンクの匂いが強くなった気もしましたので、季節によっては、薬剤の注入量を調整した方が良いのかもしれません。

 

この点は、今の段階では私の感覚的なところなので、今後使用を重ねて、最適な希薄量を追求してみたいと考えています。

 

総括すると、アクアケムグリーンとアクアリンスプラスともに特段の不満点はありませんでした。

 

▼ブラックタンクに注入するアクアケムグリーン。注入量は3Lの水に150ml程度にしました。

 

▼トイレ水洗用のフラッシュウォーターは、7Lの水に70mlを注入しました。

 

ドメティックスペシャルケアとエクストラケアを購入

スペシャルケアはブラックタンクとグレータンクに使用

スペシャルケアは、ブラックタンクとグレータンクに使用します。

 

ブラックタンクから発生する匂いを防止することが主な目的なので、最も効果的な注入量(希薄量)を検討する予定です。

 

トイファクトリーアルコーバに標準されているトイレは、『ドエメティックCTW4110』

 

・廃水タンク(ブラックタンク)容量19L

・洗浄水タンク容量7L

 

という仕様ですから、タンクの容量に応じて薬剤の注入量を検討することになりますね。

 

スペシャルケアのカタログベースでは…

 

『ブラックタンクが20Lの場合、3Lの水にスペシャルケア150mlを加えます』

 

と記載されていますので、ブラックタンクは19Lなので、スペシャルケア150ml程度を注入することになると思います。

 

なので、150ml注入することをベースにしながら、夏場の暑い時期は増量してみるとか…

 

また、4日以上の長期間の旅の場合、途中で追加してみるとか…

 

いろいろな工夫が必要になるのかもしれません。

 

この点は、しばらく使用してみて自分なりのやり方を考えてみたいと思っています。

 

▼スペシャルケアの本体に貼付されている注意書き。意外に大切なことが記載されていますので、希薄量や安全衛生面で注意したいと思います。

 

エクストラケアはフラッシュウォーターに使用

エクストラケアは、洗浄水タンクに使用します。

 

洗浄水タンクは7Lですから、それに応じた注入量となります。

 

エクストラケアのカタログベースでは…

 

『エクストラケア1に対して水100』

 

と記載されていますので、洗浄水タンクは7Lですから、70ml程度を注入することになると思います。

 

フラッシュウォーターは気になる匂いなどの発生は考えにくいので、この注入で問題ないと考えています。

 

エクストラルケアと水が1対100となる割合ですね。あまり難しいことを考える必要がないので、助かります。

 

 

▶︎「でなおし」ブログのキャンピングカーまとめ記事もご覧ください!

 

 

まとめ

キャンピングカーの旅を始めたばかりですので、自分なりの使い方を見出せてない状況です。

 

なので、旅の長さや季節など、いろいろな条件に応じた適切な使用法を考えたいと思います。

 

また、注意書きに記載されている取扱上の注意点を考慮して、安全に取り扱いをするつもりです。

 

消臭剤自体に、アレルギー物質が含有されているとの記載もありますので、取り扱い中のゴム手袋の使用など、衛生面でも注意したいと考えます。