このブログは、49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。

 


 

お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

 

キャンピングカー(トイファクトリーアルコーバ)の納車直前に購入した『アイズマルチシェードブラッキーブラック』。

 

「暑い夏の時期から使用開始だけどマルチシェードは夏場も効果的?」

「光も遮断しやすいブラッキーブラックでも欠点はある?」

 

キャンピングカーが納車されてからというもの、スケジュールが空いているときは、車中仮眠泊の旅に出ています。

 

当然、マルチシェードを使用しているのですが、暑い夏の時期でこそ効果的なことが良く分かりました。

 

マルチシェードは、年間を通して必須のグッズになりそうです。

 

暑い夏の時期に『マルシシェード』は必要?

遮光性だけでないマルチシェードの効果

遮光性はマルチシェードの大きな効果の一つですが…

 

別に、断熱性(遮熱性)の効果も大変大きいものがあります。

 

暑さや寒さからの断熱(遮熱)を実現できるマルチシェードは大変便利なグッズ。

 

そう考えますと、夏の暑い時期でこそ必要なグッズなのですね。

 

キャンピングカー納車直後から『マルチシェード』を使用

最初の車中仮眠泊のみマルチシェードを不使用

私のキャンピングカー(トイファクトリーアルコーバ)には、フロントガラスや運転席助手席のガラスにカーテンが標準されています。

 

最初の車中仮眠泊では、マルシシェードは不使用とし、カーテンのみで熱帯夜(本当に暑い夜)を過ごしてみたのです。

 

すると、クールポンプ システム(家庭用エアコン)の稼働によって、客室内の温度は適温化されているのですが、フロントガラスなどから入る『熱気』が大変強いことを確認。

 

『夜間でもこれだけ強い熱気が伝わるんだ〜』

 

最初の車中仮眠泊から体験した次第です。

 

このことから、次の車中仮眠泊からは、マルチシェードを使用することに…

 

フロントガラスから侵入する『熱気』の強さは馬鹿にできないですね!

 

夏場におけるマルチシェードの目的と効果

断熱性(遮熱性)を主な目的としてマルチシェードを使用

私のキャンピングカー(トイファクトリーアルコーバ)は、グランデ仕様をオプションしています。

 

なので、断熱性については、フロント部分以外はかなりの対策が取られているのですが、フロントガラスや前席の窓ガラスの対策はされていないのです。

 

そこで、対策が取られていないガラス部分にマルチシェードを取り付けることに…

 

暑い時期の車中仮眠泊で力を発揮してくれるのでは…と期待した次第です。

 

▼フロント部分に取り付けていますが、フワッと付けてますのでたわんでいます。

 

夏場におけるマルチシェードの効果

最大の効果は…

 

・遮熱性(断熱性)

 

30度前後の気温でも、マルチシェードを取り付けた窓からは、熱気がほとんど(少し大げさかもしれませんが、そう思えるほど)伝わってこないのです。

 

なので、キャンピングカーのエアコンを稼働した際の効率に大きく影響することは間違いありません。

 

本当に驚きの遮熱性(断熱性)なのでした。

 

吸盤の透明部分に遮光性の対策が必要かも…

私は全く気にはならないのですが、吸盤が透明なので、光が透けて見えるのです。

 

早朝にユックリしたい方は、この光の漏れで目覚めを早めてしまうかもしれません。

 

なので、気になる方は、黒色の吸盤や黒色の着色など対策が必要ですね。

 

▼夕方にマルチシェードを取り付けてみました。フワッと付けてますので、光が漏れるのは承知しています。ただ、吸盤が透明なので、そこから光が入るのは気になる方もおられるかもしれません。

 

▼この部分ですね。透明な吸盤ですから光が通過しています。

 

 

▶︎「でなおし」ブログのキャンピングカーまとめ記事もご覧ください!

 

 

まとめ

夏場における『アイズマルチシェード』の効果は十分に確認することができました。

 

断熱性、遮光性(若干対策が必要かもですが)など、車中仮眠泊では必須のグッズだと痛感いたしました。

 

価格は決して安くはありませんが、購入して損はしないグッズだと思います。