お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

2018年の花粉症の予報については、昨年よりも少なめとの情報もありますが、スギ花粉症をお持ちの方にとっては、辛い季節に突入してしまいます。

私は、昨年から服用し始めた比較的に新薬のグループであるDESALEX5mg(デザレックス5mg)の服用を始めました。

服用開始が1月25日ですから、少々早い気がしますが…

薬剤師の説明などから、飛散開始の一定期間前から服用することが効果的だと説明を受けたのです。

降圧剤、めまい止め、花粉症対策などのお薬を飲みますので、間違いがないよう薬の管理はしっかりしていこうと思います。

私にとっては合っているDESALEX5mg(デザレックス5mg)

副作用を感じないお薬

お薬は、持病や体調などの諸条件により、その人に合うか合わないかが微妙に影響されます。

効果と副作用を総合的に考えならがら、どのお薬をどれだけ服用するのか…

医師と相談することが大切。

私の場合、昨年から服用を開始したDESALEX5mg(デザレックス5mg)は、副作用の代表格であった眠気を全く感じない良いお薬となっています。

DESALEX5mg(デザレックス5mg)服用前に一度使用したことのある花粉症のお薬は、効果は確かに実感できたものの、眠気が強く日中の仕事に影響が出るほど副作用が強いお薬でした。

日中の強い眠気があっては仕事に支障をきたすので、そのお薬の服用を止め、マスクと目薬のみでスギ花粉が飛散する時期をやり過ごしたことがあったのです。

それ以降、眠気という副作用が怖くてお薬の服用は避けていたところ…

新薬であるDESALEX5mg(デザレックス5mg)は、眠気が出現しにくいお薬だから服用してみてはいかがか。

というかかりつけ医の勧めで服用を開始した経緯があります。

私にとっては、効果が実感でき、かつ、眠気という副作用が出現しないDESALEX5mg(デザレックス5mg)は、とても心強いお薬となっています。

▼私にとっては有効なDESALEX5mg(デザレックス5mg)。

効果はかなり実感するお薬

効果は十分体感できるほどです。

くしゃみや鼻水は皆無といっては大げさな気がしますが、それほどに効果が体感できます。

飛散開始前から服用することがポイント

今回薬剤師からいただいたアドバイスなのですが、DESALEX5mg(デザレックス5mg)の服用開始するタイミングについては、少なくとも花粉が飛散する前2週間を目安にすると良いということでした。

DESALEX5mg(デザレックス5mg)の服用を開始すると、体内で抗体(薬剤師は抗体という言葉を使用したような気がします)が出来上がる前に2週間は必要なので、それを予測して早めに服用スタートすることが効果的だというのです。

私の住んでいる地区の花粉飛散開始時期は、2月頃とされていますので、1月25日から服用を開始すると、ちょうど2週間後くらいに飛散が開始されるという理想パターンになりそうです。

さすが理系の薬剤師さんだと感心しました(コメディカルさんなので職業柄あたりまえのことなのかもしれません)。

2018年の私の花粉症対策

具体的な2018年の私ん花粉症対策ですが、まずは、DESALEX5mg(デザレックス5mg)を花粉飛散前から服用を開始します。

花粉が飛散し始めたら、花粉用マスクの装着を開始します。

また、スギ花粉対策の点眼液(パタノール点眼液0.1%)も飛散時期は使用します(パタノール点眼液0.1%についても花粉飛散前から点眼することが効果的とされていますので、早めに点眼を開始したいと考えます)。

これらが私の2018年花粉症対策です。

 

▶︎「でなおし」ブログの健康・医療まとめ記事もご覧ください!

 

まとめ

スギ花粉対策をする実質的な時期は、1月下旬から4月上旬までだと考えてますので、月単位で対策のお薬やマスクなどのグッズを準備しなければならないようです。