このブログは、49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。

 


 

お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

 

早くて安くて子供さんも安心な「カットエー 」と「サンキューカット」!

メニューなど微妙に異なる両店舗ですが、お客さんが多いことは共通しています。

 

いつお店に行っても…

 

「お客さん並んでるな〜」

「並んでるから待ち時間が長いのでは…?」

 

そう思うときもあるかもしれません。

 

しかし…

 

待っていても意外に早く順番が到来することに気づいたのです(私一人気づかなかっただけで恥ずかしい限りですが…)。

 

「10分カット」などキャッチコピーがありますから当然なのかもしれません。

 

これからは順番待ちの人数をそれほど気にすることなく利用できそうです。

 

▼順番待ちの椅子に座って待ちます。隣は小学生でした。

 

 

 




 

 

意識していた「混み合いを避けた時間帯や時期」

今までは混み合いを避けた時間帯や時期を意識して店舗利用していました。

 

「買い物ついでに散髪」という気楽なスタイルではない感じがしていたのです。

 

私が心がけていた「混み合いを避けた時間帯や時期」を振り返りますと…

 

連休の中日

3連休以上の中日はお客さんが少ない傾向にあるようでした。

4連休以上になると、「必ずしも中日が少ない!」とは言えないこともありますので、正確な表現としては、「連休の初日と最終日は避ける」というこでしょうか。

 

営業終了前

平日、休日ともに該当すると思いますが、営業終了前の30〜40分程度の時間帯は少ない傾向にあります。

 

高齢の方や子供さん連れの親御さんの姿もあまり見かけません。

 

この傾向は平日では顕著でした。

やはり、会社員が仕事帰りに立ち寄るイメージかと思います。

 

「混み合いを避けた時間帯や時期」を無視してサンユーカットを訪れました

上述の混み合いを避けたポイントを無視して店舗を訪問してみました。

10人ほど順番待ちでしたが…

ある日の込み合う時間帯に訪問。

すでに10人ほど待合の椅子に着座していました。

私が訪れたその時も一人のお客さんが自動販売機で「カット券」を購入していましたので、その後が私の順番です。

 

意外にも…早く順番が到来するシステム

サンキューカットの待合席のシステムは、「カット順番がカウントダウンする椅子」が固定されているので順番が近くなるたびに着座位置が変わることになります。

例えば、10人待ちだとすると、1番から10番まで記載された固定の椅子の10番席に着座し、次の番が到来すると隣の席、つまり9番席に着座します

 

これを繰り返すことで、最終的に1番と記載された固定の椅子に着座!

 

いよいよ次は自分の番だということが理解できるシステムです。

 

安くて早いことがメリットの店舗ですから、数分毎に着座位置が変わりますので、気忙しいくらい自分の順番が到来することを体感できるシステムです。

 

今回は15分程度で順番が到来!

「混み合いを避けた時間帯や時期」を全無視で店舗訪問しましたが、今回は15分程度で順番が到来したのです。

 

15分程度の待ち時間の間には、10回ほど席を移動しますので常に動いている感覚…

私の隣には小学生くらいの子供さんでしたので、立ったり座ったりを二人同時に繰り返しているイメージですね!

 

なんとも楽しいというか…不思議な体験をしている間に、自分の順番が到来したという感じです。

 

 

まとめ

今まで「混み合いを避けた時間帯と時期」を意識しながら訪店していたのですが、今回の体験で「それほど意識しなくてもいいかも…」と思えるようになりました。

 

予約不要のシステムのメリットとして、「思いついた時にカットできる」があると思いますので、本当にお買い物ついでに少しの待ち時間でカットする気軽さも貴重かもしれません。