このブログは、49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。

 


 

お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

 

鹿児島県南九州市知覧町にある『知覧武家屋敷』。

 

薩摩の小京都ともいわれる歴史感あふれる街並が楽しめるところです。

 

「武家屋敷を見学するには駐車場を利用しないと…」

「往復1.5km程度あるので休憩も必要?」

 

ゆっくりと武家屋敷を楽しむには、それなりの時間を確保したい知覧武家屋敷。

 

しっかりとプランを立てれば、きっと素敵な思い出になると思います!

 

 




 

 

鹿児島県南九州市知覧町にある『知覧武家屋敷』の楽しみ方!

知覧武家屋敷とは

知覧といえば、神風特攻隊が飛び立ったことで有名なスポットですから、お聞きになった方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、『知覧武家屋敷』は意外に知られてないスポットかもしれません。

 

ところが、見事な武家屋敷が続く町並みに感動するスポットなのです。

 

映画やドラマのロケ地になることも多いですから、現地にくると…

 

『あれ、何かで見たことあるかも…』

 

そんな気もする知覧武家屋敷が続くのでした。

 

私がオススメの知覧武家屋敷の楽しみ方(私感で恐縮です)

知覧武家屋敷の楽しみ方ですが、実は私が知覧武家屋敷を楽しんだ際に多くの反省点を感じたこともあり、次回訪れるとしたら…という気持ちも込めての私感です。

 

・駐車場は無料駐車場を利用することをオススメ(最後の項で記載しています)

・時間を気にせず数時間滞在するイメージで楽しむ

・途中の休憩はお茶屋さん(山口茶園)などを利用

・雨天時でも風情を感じられるので武家屋敷を楽しむ

 

これらのポイントを抑えれば、知覧武家屋敷を楽しむことができると思います。

 

以下に、写真を中心に知覧武家屋敷をご紹介いたします。

 

▼有料駐車場に車を止めて歩き始めたのですが、知覧武家屋敷の最も端からスタートします。無料駐車場など利用すると、多分このポイントからのスタートになることが多いと思います。

 

▼入口には全体マップや注意点が詳細に記載されていますので、スマートフォンで撮影しておくのも良いかもしれません。今回は、有料駐車場を利用しましたので詳細なマップを入手。その関係で基本的には入口付近の情報は不要なくらいです。無料駐車場を利用した場合はマップがありませんので、しっかりと確認したいですね!

 

▼私は南九州市役所前の市営駐車場を利用しましたが…無料がありますので、そちらをオススメいたします。なお、武家屋敷の通りの車侵入は10:00〜16:00の間は禁止されていますのでご注意ください。

 

▼武家屋敷には電柱や電線がありませんので、別世界にきたかの環境です。石塀は雨降りにはしっとりとした艶を出すと思いますからそれも魅力です。

 

▼よく手入れされた庭木に心が洗われるようです。草木の種類が南国的な感じもするのでした。

 

▼武家屋敷に入ることもできます。石塀が壁のようになっていますが敵の侵入に強い作りのようでした。よく考えられています。

 

▼今回は屋敷には入れませんでしたが次回訪れたときは屋敷を見たいと思います。

 

▼確かにこのような作りをしています。なるほどと頷けます。

 

▼日常では見ることができない屋敷。素朴感が身近です。大きくて立派な屋敷ではないところに共感する点もあります。

 

▼中から見るとこのような感じでしょうか…落ち着けます。

 

▼お!っと気づいたのですが、確かに大河ドラマでこのシーンがありました。ここで撮影されていたとは驚きます。

 

▼通りから見るとこのような雰囲気。

 

▼暑い日でしたが、この休憩所に入るととても涼しかったことが印象的でした。多分…建物の作りの通気性が大変良くて涼しさを作り出していると思います。本当に驚くほど涼しかったのです。

 

▼表通りに出ますと、裁判所など官庁街が続きますが、大きな側溝(水路といったほうが正しいと思います)には鯉が泳いでいますので楽しめます。

 

休憩は『川口茶舗』がオススメ!

片道約700m程度ある武家屋敷を歩いていると、途中で休憩を入れたいところです。

 

この点、武家屋敷の中間点付近にある『川口茶舗』がオススメだと思います。

 

位置的に中間点付近ということもありますが、知覧茶やあくまき、げたんはなど、知覧を代表するお菓子をセットで楽しむことができるからです。

 

私と家族が注文したのは、『いっぷくセット300円』

 

お菓子の選択を別々にして、シェアしましたので二つの味を楽しむことができました。

 

・あくまき

・げたんは

 

大変に素朴で美味しいお菓子ですから、これはオススメですね!

 

また、知覧茶は緑茶の香りが強くお菓子との相性も良く、疲れた体をいやしてくれるほど、美味しいものでした。

 

中高齢者にとても嬉しい川口茶舗の『いっぷくセット』です。

 

▼疲れた頃に幟を見ますと…一服したくなる中高齢な私でした。

 

▼レトロ感ある店構えです。

 

▼げたんはセットとあくまきセットを注文したのです。

 

▼ここでいただきます。囲炉裏が雰囲気を醸し出しますね。

 

▼囲炉裏に座りますと、見学した武家屋敷も違って見えます。

 

▼あくまきです。関ヶ原の時代に同じものがあったとのこと。きな粉に含まれている糖分は当時はなかったかもしれないとも言われていました。ただ、それ以外は当時と同じですから感慨深いものがあります。本当に美味しいお菓子です。

 

▼げたのはです。マルボーロとカステラを混ぜたような味で、とても素朴で美味しいです。知覧茶とよく合うのでした。

 

▼マルボーロに近い感触ですね。

 

▼知覧茶の色も素晴らしです。とても緑茶がこいいのですから…

 

▼川口茶舗はこの辺りです。武家屋敷の中間付近ですね。

 

駐車場は市営の無料駐車場がオススメ!

自戒の念を込めてなのですが…

 

実は…市営の無料駐車場の存在を知らなかったのです。

 

なので、最も中心部の有料駐車場を利用。

 

後から、無料駐車場の存在を知り…

 

下調べが大切だと反省です。

 

観光でゆっくりと歴史探訪しているのに、時間を気にするのも如何なものかと思いますので、ぜひ、無料の市営駐車場を利用されることをオススメいたします。

 

なお、無料駐車場は、いくつか点在しているのですが、やはり、無料ということで、武家屋敷からは少し離れた位置にありますので、この点はご注意ください。

 

▼P(有料)と記載されている駐車場は基本的に時間制のようでした。ゆっくり見学すると、駐車料金が意外に高くなりますから気になります。

 

▼ここに駐車したのですが…有料でした。

 

▼ここでナンバーを確認し駐車時間ベースで料金を算定するシステム。無料駐車場が空いていればそちらをオススメいたします。

 

 

▶︎「でなおし」ブログのドライブ・旅行まとめ記事もご覧ください!

 

 

施設情報

所在地 鹿児島県南九州市知覧町群

施設名 知覧武家屋敷