お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

歯のメンテナンスについては、歯科医による定期の検診を受診することで、一定のクオリティを保つことができてます。

その際に、クリーニングをすることで、驚くほど歯が白くなります。

つまり、3ヶ月に一度のペースでクリーニングを行っているのですが…

コーヒーを飲んだりすることで、歯科医によるクリーングで真っ白になった歯に色がついてしまうことがとても残念でなりませんでした。

そこで、歯科医に相談したところ、白さを保ちやすい歯磨きがあると聞き、早速インターネットで購入

使い始めて暫くになりますが、白い歯への着色は進んではいるものの、その着色スピードは以前と異なり遅い印象を受けます。

まだ、最終的な評価はできないのですが、中間報告的には良い印象をもった歯磨きです。

歯の着色の原因

一般的には、お茶やコーヒーなど色素が強い飲料や食事を摂ることで、歯の表面に色が付着していくとされています。

また、喫煙などによっても歯に着色してしまうことがあるようです。

私の場合、喫煙はしていなのですが、毎日数杯のコーヒーを飲用することから、歯に着色するのではないかと考えています(食事などでも着色はするのでしょうが、食事後は直後に歯磨きをするのでその影響は少ないとも考えます)。

いずれにしましても、飲む食べるで歯に着色していることは間違いないでしょう。

定期的に歯科医院でメンテナンスしてはいるものの

以前から歯科医院で定期的(私の場合、3ヶ月に一度のペースで検診)に検診を受け、治療対象の有無や歯ぐきの状態(歯槽膿漏など発生してないかなどのチェック)を確認していただいてます。

その検診の最後に、歯のクリーニングをしてもらうのですが、歯石を除去した後に行うクリーニングの効果は絶大で、茶色く着色していた私の歯が本当に綺麗になるので驚くほどです。

クリーニングの後はフッ素の塗布まで行い、虫歯になりにくいようしていただいてます。

しかし、検診から1ヶ月程度超過すると、白い歯に着色が発生してくるので困っておりました。

定期に検診を受診しますから…

「汚れはその時に除去してもらえるから」

と割り切った考えもアリかもしれませんが、歯の着色自体が歯石など他に影響をするのではないかと思うようになったのです。

といいますのも、歯に色素が沈着することから、歯の隙間に歯石が発生する様子が自分でも確認できるからです。

発生した歯石は検診の際のクリーニングで完全に除去はされますが、やはり、気持ちの良いものではありません。

したがいまして、歯への着色を防ぐメンテナンスが歯の健康そのものに繋がるのではないかと拡大解釈したのです。

使用した感想

早速購入した…

ライオンブリリアントモアFa」。

医薬部外品と明示されていますので、一般的にインターネットなどでの購入も可能のようです。

さて、使用感についてですが、味の方は違和感ない程度のスッキリとした感じを受けますので、辛い味が苦手な方も大丈夫だと思います。

使用を開始して数日すると…

「あれ、白い感じがするな〜」

と思えるようになりました。

ただ、これは私の私感ですから、気持ちの部分が大きいような気がしないでもありませんが、確かに歯への着色スピードが遅いような気がしています

朝晩の家庭での歯磨きとお弁当を食した後の職場での歯磨きで、ライオンブリリアントモアFaを使用していますので、3ヶ月程度継続使用した後で奏功したか否か判断できるのではないかと考えてます。

▼パッケージから白さを意識した歯磨きと期待します。

▼着色のシステムが説明されています。

▼医薬部外品でした。

▼これで頑張ります!

▼ミント風なので爽やかなイメージです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ライオン ブリリアントモア90g×4本 歯科専売品
価格:3725円(税込、送料別) (2019/2/7時点)

 

 

▶︎「でなおし」ブログの健康・医療まとめ記事もご覧ください!

 

まとめ

歯科医院から良い磨きを紹介していただいたと思っています。

歯の分野でもかかりつけ医の存在は健康に繋がると信じてますので、これからも定期の検診(メンテナンスとクリーニングなど)は継続していく予定です。

皆さまも自分にあったか磨き粉を使用されてみてはいかがでしょうか。