このブログは、49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。

 


 

お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

 

ここ最近のことですが、キャンピングカーで車中仮眠泊の旅に出ることが多いのですが、携行品で必須となるスマートフォンやモバイル端末の充電器。

 

週末ごとに机上に展開している充電ケーブルやアダプター類を外してバックに入れて…

 

また、帰宅後は再度全てを展開して!…

 

これらの作業が意外に手間のかかることでした。

 

「毎回同じ作業をするのも手間だし…」

「かといって、充電に使うグッズを持ち出さないのも不便だし…」

 

少しでもこれらの作業負担を軽くしたいと思っていたとこと、あるブロガーさんが急速充電器付きのモバイルバッテリーを使用していることを紹介されていたのです。

 

そこで、私も購入を検討したところ、意外にも私の使用パターンでもメリットがあるかもしれないということに…

 

今回購入したのはAnker PowerCore Fusion 5000 (モバイルバッテリー 搭載 USB急速充電器 5000mAh)』

 

本体に交流100V用のコンセントを付属しているので、充電用のアダプターとモバイルバッテリーが一体になっている点が特徴的だと思いました。

 

短期間のレビューになりますが、ファーストインプレッションとしては購入して良かったと満足しているところです。

 

 




 

 

Anker PowerCore Fusion 5000 (モバイルバッテリー搭載USB急速充電器5000mAh)を購入するに至った経緯は…

毎週のようにキャンピングカーで車中仮眠泊の旅に出るようになると、その度に一定の荷物を移動することになります。

 

キャンピングカーに積載しっぱなしの荷物であれば問題はないのですが、自宅とキャンピングカーで共用するグッズ類に関する作業が意外に負担となるので軽くしたい…

 

特に、細々したグッズ類は面倒なこともありますので、作業量そのものを軽減したいと思った次第です。

 

今回購入したモバイルバッテリー搭載のUSB急速充電器は、バッテリーと急速充電器が一体になっているので、Apple watchやiPhone、AirPods、デジタルカメラ、Wi-Fiルーターなどの充電がこれひとつで対応可能に…

 

デバイスによっては、専用の充電ケーブルを携行する必要もありますが、今回モバイルバッテリー(急速充電器)を購入したことで、負担が軽くなったのは事実です。

 

バッテリーと急速充電器が一体になった機器の便利さに本当に驚きました。

 

Amazon(アマゾン)で購入!

いつものとおり、アマゾンで購入。

 

ワンクリックで購入できる点は、本当に事務負担が軽い印象です。

 

なお、ほぼ同機種の製品をアップル社のホームページで検索してみたところ、同じAnker社のバッテリーチャージャーが販売されていましたが、価格が1万円を超えているので購入は控えた経緯があります。

 

もちろん、基本的な性能が若干異なりますので、単に価格で比較はできませんが、少なくとも私の使用環境下では、Apple社のホームページに掲載されている製品の購入には踏み切れなかったのです。

 

そういうこともあり、アマゾンで購入したのでした。

 

短期間のレビュー(ファーストインプレッション)

納品から短期間の使用ですが、ファーストインプレッションとしては、大変に便利なものだと痛感するところです。

 

・200gを切る軽い本体重量

・交流100Vからの充電器として使用可能

・外出中は各ディバイスのケーブルのみ携行すれば良いこと

・5000mAhのバッテリー容量はiPhoneXを1.5〜2回分の充電が可能

・充電時間が短い

・3,000円程度の価格は十分に納得

 

等々、メリットを感じるばかりです。

 

実のところ、モバイルバッテリーを使用したことがありませんでしたので…

 

『モバイルバッテリーってこんなにも便利だったのか…』

 

驚くばかりでした。

 

また、最近の自然災害を考慮しますと、スマートフォンが1.5〜2回分使用できるバッテリー容量は大変に心強く思うところです。

 

あくまでファーストインプレッションで恐縮ですが、気になる点がないという結果に至っています。

 

今後も毎日の使用の中で継続的に評価したいと思います。

 

▼梱包はしっかりとしていて…アップル社の製品と同じイメージを持ちました。

 

▼これは本体。バッテリー残量を示す3段階のゲージがあります。

 

▼バッテリー本体を入れるクッション性がある黒い袋とマイクロUSBの充電ケーブルが付属しています。

 

▼USBの口が二つありますので便利です。

 

▼交流100Vのコンセントに差し込む側ですね。

 

▼開封時点ではバッテリー残量は約3割程度ですから最初にフル充電をしました。

 

▼大きさを比較してみました。左が今回購入したモバイルバッテリー、中央がMacBookAirのアダプタ、右がMacBookのアダプタです。モバイルバッテリーがもっとも大きいのですが、意外に差がない気もします。

 

 

 

 

まとめ

モバイルバッテリーを初めて購入しましたが、その便利さに驚くとともに、緊急時に充電可能なことなどメリットは大きいと思いました。

 

3,000円程度の価格でこれだけのメリットを体感しますので、購入して良かったと思います。

 

モバイルバッテリーというか、USB急速充電器というか…

 

悩ましいところですが、それぞれ便利なので一体どちらがメインなのか考えてしまうほど好感のあるデバイスでした。

 

※バッテリーの種類を調べましたが私は不明でした。リチウムイオン電池だとは思うのですが、正しくは何という電池なのか…今後も調べてみたいと思います。