このブログは、2015年に49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。


お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

腰痛予防のためアーロンチェアリマスタードを検討してきましたが、最終的に購入を予定している店舗へ電話で確認…

店舗はアーロンチェア正規販売店「アーロンチェアの庄文堂」

不安点を全て解消しましたので購入することになりました。

高価な買い物ですからインターネットの検索だけでは不安な点もあり電話で確認した次第です。

納品まで少々時間を要しますが、アーロンチェアの新型リマスタードの到着を楽しみ待ちたいと思います。

 

 




 

 

購入は庄文堂のインターネットで購入

高価な商品だけに安心感のある店舗で購入したい…

だれでもそう思うはずです。

小心者の私などはその気持ちが強く、今までインターネット購入よりも実店舗での購入が基本みたいなイメージを持っていました。

しかし、インターネットがこれだけ普及したこともあり、便利で楽に安心して買い物ができるのであれば通販を積極的に活用するのもありと思うようになってきています。

また、アーロンチェアなどのように高価な椅子となれば実際に展示販売している店舗は少ない現状もあります。

当然ながらホームセンターなどは展示していませんので、自ずと通販ということになりました。

それでは…

どの店舗でインターネット購入するのか…

多くの正規販売店の中から私は…

「アーロンチェアの庄文堂」

を選択しました。

会社ホームページとブログでの説明が詳細だった点、また、電話でお尋ねした際に不明点が完全に納得できたなどの点から決めた次第です。

アフターサービスもしっかり対応できるであろうという期待感が大きく持てたことも要素の一つです。

それにしても庄文堂のブログには極めて詳細にアーロンチェアが説明されているので一読の価値ありです。

※庄文堂のブログはかなり詳細な説明がされていますので、まずはインターネットでブログを確認するとアーロンチェアリマスタードのイメージが使いやすいと思います。

 

腰痛予防を意識し小さいAサイズを選択

アーロンチェアリマスタードに限らず旧タイプのアーロンチェアにしても同じことですが、サイズを選定することは意外に難しいと思います。

ハーマンミラー社のホームページには、身長と体重からサイズを選定できる表が明示されています。

しかし、サイズが重なったエリアがある点と腰痛持ちの人が座るときは小さめの椅子が良いという情報もあり…

身長165cm体重61kgで腰痛持ちの私はAサイズまたはBサイズの何れかとなるわけですが、これは正直とても悩みました

そこで庄文堂へ直接電話し相談してみたのです。

その結果、私の体型と腰痛持ちを考慮するとAサイズが良いとの説明を受け納得したのです。

実は私は、事前にサイズを検討していましてその結果はAサイズでした。

普通にサイズを選択すると私は恐らくBサイズになるのですが、腰痛対策でアーロンチェアを購入するわけですから、慎重検討ということに…

その結果は…

やはり、Aサイズ!

日本人女性が使用することが多いAサイズですが…

私自身Aサイズでほぼ納得できるレベルまで検討したのですが、僅かながら…

「本当にAサイズでよいだろうか…」

という不安があったのです。

高価な買い物をするわけですから僅かでも不安点があれば解消したいと思ったのです。

庄文堂に電話で質問した時、私の方から「Aサイズでしょうか?」と尋ねたわけでなく「事情を考慮しますと間違いなくAサイズが良いと思います」と自信の回答が心象がを良くしました。

これで決定です。

▼今注文しても納品が約2ヶ月後というAサイズ。販売数が少ないそうで入庫待ちです。

 

最もスタンダードなタイプを選択

アーロンチェアの種類が多くてどれにしようかと迷う方も多いのではないでしょうか。

私もそうでして、フレームとかベースとか色など多数の組み合わせがあるので本当に苦慮します。

キャスターは従来からのBBキャスターを選択

椅子のキャスターもリマスタードから二つの種類から選択できますので、これも悩んでしまいます。

インターネットでは新しく登場したDC1キャスターはフローリングなど硬い床に適したものとされていますが、だからといってキズ防止用のマットを省いてしまうと床にはキズがつくとされています。

そうすると、DC1キャスターを選択したとしても結果としてキズ防止用のマットを購入するわけですから、BBキャスターで良いと考えたわけです。

ただ、私一人で考えたとしても本当にこれでいいのか不安な点もあります。

そこで、庄文堂へ電話しこの点も相談。

ブログでは詳述は割愛しますが、基本的に私の考えと同感ということでBBキャスターに決定した次第です。

迷われる方がいましたら、Bキャスターをおすすめいたします。

フレームはグラファイトベースを選択

グラファイトベースを選択しますと、黒色に最も近くスタンダードなグラファイトカラーになります。

私は新色ではなく旧タイプのイメージが好きなので、最もクラシカルなデザインにしたいと考えインターネットを検索。

かなりの時間かけて調べてみたところ「多分これだな〜」というところまで確認できたのですが、やっぱり不安感が残ってしまいました。

この点も庄文堂へ電話した時に「アーロンチェアリマスタードグラファイトベースが最もクラシカルなデザインです」と明快に説明をいただきました。

結果として私の場合…

「アーロンチェアリマスタードグラファイトベースAサイズ」

なので、購入申し込み画面の最も左上を2回選択するとこれに行き着くのです。

左左と2回クリックし間違いなく希望の商品を選択完了となりました。

 

12回金利手数料なしのローンを活用

庄文堂が用意してる「12回金利手数料なし分割払い」は継続的に実施しているサービスです。

19万円超えの商品を購入するわけですから、分割払いが利用できるかどうかによって購買意欲に大きく影響するかもしれません。

私の場合も金利手数料なしであれば12回払いで利用しても良いかなと思えるようになりました。

価格の高い椅子を購入しますから家族の理解も大切だと思いました。

※金利手数料なし分割払いは家族にとっても魅力的に見えたみたいです。

 

実際の注文完了までの手続き

さて、購入品と購入店が決定しましたので、早速インターネットで購入手続きを行いました。

注文品に誤りがないか…

また、金額や支払い方法に誤りがないか…

とても慎重に手続きを進めましたが、全体で10分程度で全ての手続きが完了しました。

インターネットが普及して大きくて高価な買い物が便利にできる時代になったことを痛感しました。

▼庄文堂のホームページから注文画面へ移行します。この段階で「アーロンチェアリマスタード、グラファイトベース、Aサイズ、BBキャスター」を最終的に確認します。確認が終わったら「カートに入れる」をクリックします。

▼カートの中身が表示されますので、最後の最後ですが商品名に誤りがないか確認して支払い方法を選択します。私の場合12回分割手数料なしを利用しますので、「このサイトでお支払い」を選択します。

▼初めて庄文堂を利用しますので会員登録の有無を確認されます。私は会員登録をせずに購入しようと思い「会員登録せずに購入」を選択します。

▼会員登録せずに購入しますからお客様情報入力画面へ移行します。

▼お客様情報を入力しますが、この情報が基本的に配達先となることが多いようです。

▼お客様情報の入力が完了しますと次はお支払い方法の選択になります。

▼お届け先に関するコメントを入力しました。私の場合配達日には立ち合いしたいので事前に日時を連絡していただくよう入力。

▼12回分割手数料なしを利用しますのでオリコショッピングクレジットを選択します。

▼またまた商品の確認画面が表示されます。

▼画面の下部にはお届け方法とコメント内容が表示されます。お支払い方法はオリコショッピングクレジットを確認。

▼最後の画面。大きくThank Youが出ました。少々緊張した購入手続でしたが無事に終了。

▼次の画面ではアーロンチェアの取り扱い説明が動画でアップされています。

▼見てると納品が待ち遠しくなります!

 

床の傷対策は一般的なカーペットを使用することに

上述しましたが、椅子によるカーペットへのキズ防止策は現在使用している事務用のカーペット(ホームセンターで販売している安価なカーペットです)を引き続き使用する予定です。

このカーペットは数年使用していますが、痛みやヘタリなど皆無で床へのキズも防止しています。

確かに椅子専用のキズ防止カーペットが販売されていますが、大きさと形からするとアーロンチェアリマスタードを使用した場合、卵型のカーペットからキャスターが外れるのではないかと思いました。

単純に卵型のシートの面積からすると椅子が床へはみ出ることはないのですが、長時間のディスワークを継続している中で背伸びをしたりなど少し動くこともあります。

その度に卵型シートを意識すること自体ストレスに感じてしまうのではないかと考えた次第です。

この点、庄文堂からも大筋同感の意見がされていますので、私の利用イメージの場合は間違ってないのではと思います。

 

腰痛予防の各種機能に期待

腰痛予防が最大の目的で購入するわけですから、アーロンチェアリマスタードの各種機能に大きな期待があります。

正しく座ることが前提ですが、例えばポスチャーフィット機能はハーマンミラー社の特許で2002年にランバーサポートから進化した機能となってます。

特許を取得しているからだと思うのですが、ランバーサポートは他社でもよく耳にしますが、ポスチャーフィット機能は他社で聞いたことはありません。

この点などもハーマンミラー社ならではでしょうか。

腰痛持ちの私はポスチャーフィット機能に大きな期待があります。

 

椅子の心臓部である機構の変更にも期待

座面下にある弁当箱のようなパーツ。

これが椅子の中で最も複雑で大切な機構であることに違いはないようです。

アーロンチェアとアーロンチェアリマスタードの写真をよく見ると、弁当箱のようなパーツの大きさが異なることがわかります。

22年間変わらなかった弁当箱的なメカの機構に大きな変化があったようです。

当然改善の方向だと信じていますが…

22年前の自動車と現在の自動車を比較すると性能面で大きな差がありますので、アーロンチェアとアーロンチェアリマスタードの違いもきっと大きいものがあるのではないでしょうか。

 

Aサイズは流通量が少ないので納品は約2ヶ月後

私の身長と体重、そして腰痛持ちで長時間のデスクワークがあることを考えるとサイズは間違いなく…

「A

ただ、日本で流通しているサイズの殆どはBサイズなので、流通量が少ないAサイズとなります。

したがいまして、インターネットで購入手続きは完了したものの、納入日は約2ヶ月後という待ちの時間が発生しますが致し方ありません。

腰痛対策が購入目的の一つであれば日本人であればAサイズがもっと普及しても良い気がするのですが如何でしょうか。

Bサイズだと即納なところAサイズの宿命ですね。

 

 

 

 

まとめ

ギックリ腰を発症したことで購入を決意したアーロンチェアリマスタード。

19万円越えの高価な椅子だけに納入後のデスクワークが変わりそうです。

12年という超長期間の保証制度は現在52歳の私にとって大変心強く感じますし、庄文堂のしっかりとした対応に好感が持てました。

本当に納品が待ち遠しいアーロンチェアリマスタードでした。