お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

MacBookは欲しいパソコンの一つでした。

ところが、今まで購入する決意に達することがなく、MacBookAir13インチを5年以上使い続けていました。

しかし、独自ドメイン+WordPressの利用開始に合わせ、ブログ作業については専用のパソコンを使いたい

そのような思いからついに購入を決定。

最近使用中のMacBookAirの内臓バッテリーが弱くなってきた感じがしていたことも背景にありまして…

MacBook12インチを購入

2017年新モデルが登場する情報があるものの…

久しぶりにApple社のホームページをいていると…

MacBookの購入にあたっては、金利手数料なしの分割払いが適用できる旨のインフォメーションを見つけてしまったのです。

24回払いでも金利手数料なし

購入する者にとっては大きな魅力になります。

2017年はMacBookの新モデルが登場するかもしれないと噂されてますから、その前のバーゲン的な意味合いが濃いのかもしれません。

ただ、仮にそうだとしても24回払いで金利手数料なしは大きな魅力となります。

独自ドメイン+WordPressの利用開始に合わせてブログ専用のパソコンを持つことはセキュリティの面からも良いのではないか…

パソコンに不慣れな私は勝手に思ってしまいました。

一方、もともとパソコンに不慣れな中高齢な私ですから、最新機種を求める必要もありませんので、仮に2017年MacBookの新モデルが登場したとしても後悔することはないと判断しました。

購入時はアップグレードを選択

購入後に自ら部品交換することは考えにくい私(購入後に改造することはできない私)ですから、購入時点でアップグレードしたいと考え、1.3GHzデュアルコアIntelCorem7+512GBフラッシュストレージを選択しました。

ブログ専用のパソコンですから、それほどハイスペックな機種は不要かとも思いましたが…

余裕のある性能で快適に使用したい…

そんな気持ちからアップグレードを選択したのです。

オプションはUSBアダプタのみ選択

MacBookにはUSBポートが装着されてないので、周辺機器を使用するためには「USB-C-USBアダプタ」が必要となります。

ブログ専用のパソコンですから、本来はこのアダプタは不要とも考えましたが、周辺機器が全く使用できないのも不安要素がありますから購入しました。

オプション購入はこのアダプタのみとなります。

MacBookとMacBookAirの違いを比較

本体の大きさと重量

写真をご覧いただくと一目瞭然ですが、MacBook12インチとMacBookAir13インチの本体は、兄弟ほどの違いがあることがわかります。

画面サイズが1インチしか違わないのにこの大きさの違いに驚きを隠せません。

技術の進歩は凄いものだなと痛感します。

ただ、全体的なデザインはMacBook Airを踏襲されていて違和感はありません。

基本デザインが不変な点は好感が持てます。

もちろんアルミ製の本体の質感は素晴らしいものがあります。

このクオリティいで製造する技術は大したものですね。

▼アルミ筐体が素晴らしい本体。

MacBookの端子は電源端子のみ(USBポートはありません)となってますので、本当にすっきりとしています。

パソコンに不慣れで中高齢な私としては、電源端子以外にもLANポートやUSB端子など多数のデバイスが準備されていることで安心感高まるところなのですが…

Wi-Fiが普及した現在は必ずしもUSBポートなどのデバイスは必要ないのかもしれません。

私の場合、購入したMacBookはブログ専用と割り切っていますので、なおさら多数の端子は必要ないなと納得しています(滅多に使わない端子を備えるよりも端子をなくすことで重量や携帯性を向上させたほうがモバイルパソコンとしては総合的な評価が高まるとも考えます)。

本体の厚さもかなり薄くなってます。

後述しますがキーボードの違いなどもこの薄さに貢献していることと思います。 薄いということは携帯性に優れていますからこれは助かります。

ボタンの薄さ

写真のようにボタンの大きさ(正確には大きさでなくボタンの薄さと表現した方がいいのかもしれませんが)には驚きました。

もともとMacBook Airのキーボードの薄さといいますかペラペラ感といいますか…

キーボードを叩く際にペタペタした感覚を得るほど薄くなったキーボードに驚いたのですが、そのキーボードより遥かに薄い仕様になっていて本当に驚きました。

操作性については特有のペタペタ感は強くなった感じですから、力で打つより楽に力を入れずテンポよく操作することがいいような気がしてます。

また、MacBook Airのボタンと本体の隙間から小さなゴミが侵入することが多いので気になっていましたが、MacBookのボタン形状からすると、本体とボタンとの隙間が小さいのでゴミ自体の侵入度が少なくなると期待してます。

今まで、ボタンと本体との隙間から小さなゴミが侵入するとそれを除去するための清掃が大変だったことも背景にあります。

起動に要する時間

起動に要する時間については、それほど差がないのではと思っています。

「それほど差がない」

という感覚は如何なものかという考えもあるのかもしれません。

参考までに両機の起動に要する時間を測定してみました。

手元のストップウオッチで測定しましたから、ざっくりとした測定結果ですが、10秒近い起動時間の差が生じてます(両機とも起動するためにはパスワードを入力する必要がありますので失敗なくスムーズに入力完了しています)。

10秒程度の差は体感するには十分な時間差ですから…

MacBookは早いな〜

と思うのも仕方ないのかもしれません。

画面のクオリティ

これは明らかに異なります

MacBookの画面を見た後でMacBook Airの画面を見ると、全体がぼやけてしまったような感じを受けるくらいです。

MacBookのRetinaディスプレイのクオリティはやはり素晴らしいのもがあると感じるくらいです。

ただ、Retinaディスプレイを稼働させるためにCPUに負荷がかかっているとも聞きますから、処理速度に影響しているのかもしれません。

それほどクオリティの高いディスプレイの証なのでしょうか。

それから一つ気になることが…

先日、他のブログを拝読していると、MacBook Proのディスプレイをアルコール入りの布で拭いたところ、画面表面のコーティングが一部剥がれた情報を知りました。

私は今まで何気に普通にMacBookAirの画面を液晶画面拭き専用シートを使用してましたが、MacBookの画面拭きには少し気を使おうと思ってます。

どのようなシートを使用するのか…

考えます。

総合的な比較

本体重量、大きさ、バッテリーの稼働時間、画面のクオリティなど全ての点でMacBookは満足する結果となってますので、ブログ専用としての利用目的とすれば強力なツールになってくれると判断してます。

ただ一点、キーボードのペタペタ感になれるのは時間がかかりそうなので、これはボチボチ慣れていく必要があるのでしょうね。

MacBookとMacBook Airともに良い点が多くて両者とも良いパソコンだと思います(比較と言いながらこのような総括で申し訳ありません)。

まとめ

2017年新モデルが発表されるかもしれないMacBookですが、これだけの満足度が得られれば購入して損はないと思っています。

携帯に適した小型の本体は、ブログ運用などで先で使用する際に力を発揮するかもしれません。

購入してよかったMacBook12インチでした。