このブログは、2015年に49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。

 


 

お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

 

先日、足のスネの部分をひどく打ち付けることがあって、スネの皮がむけたことがありました。

 

「意外にヒドイ傷で…皮がむけてしまった…」

「バンドエイドの付け替えも痛いし…しばらくは仕方ないね〜」

 

車に乗り込む際に、雨で濡れていたゴム部分が滑って、スネをぶつけて皮がむけてしまったのでした。

 

あまりの痛みに…

 

『骨がどうかなったかも…?』

 

そのくらいの痛みでした。

 

そこで、初めて『キズクイックパッド』を使ってみたところ、傷の治り方にメリットを感じたのです。

 

新しい治療法に驚くばかりでした!

 

 




 

 

自然治癒力でキズを治す『キズクイックパッド』を使ってみました!

ドラッグストアで購入した『キズクイックパッド』!

ドラックストアであれば、どこでも販売している『キズクイックパッド』

 

絆創膏やバンドエイドなどに並んで販売されていましたので、直ぐに分かると思います。

 

ただ…

 

・バンドエイドよりも、価格が高い

・バンドエイドよりも、1箱あたりの枚数が少ない

 

これらの理由で、直ぐに購入してなかったのです。

 

ところが、ドラックストアのスタッフさんにお尋ねしてみると…

 

『傷の治りが早いというお客さんが多いですよ!』

 

この一言で、購入。

 

意外に単純な理由から購入した『キズクイックパッド』でした。

 

▼開封すると、キズクイックパッド本体の特徴的なデザインに驚きます。バンドエイドとは異なるイメージで驚きます。

 

▼注意書きには、正しい使用法が明示されています。確かに、バンドエイドとは異なります。

 

▼一度貼付すると、最長5日間そのままOKと記載されていて…これも驚きです。

 

キズは意外にひどい状態で使用開始!

スネの部分を強く打ち上げて長さ3センチほどのキズ

今回受傷した傷は、スネの部分ですが、3センチほど皮がむけて赤みが出現している状況。

 

『骨が出ているんじゃない?』

 

冗談半分に話したくらいの傷でした。

 

受傷した時点では、打ち付けたことによる激しい痛みと、白いというか、赤いというか…、皮がむけていた状況です。

 

受傷から3日間は通常のリバテープを使っていたところ…

受傷後直ぐに…

 

・消毒液による消毒(痛い!)

・オロナインH軟膏の塗布

・リバテープの貼付(貼付した後もヒリヒリ)

・入浴後は、バンドエイドの取り替え

 

これらの一般的な対応は完了していたのです。

 

ところが、2〜3日経過しても一向に傷の状況が回復しなくて、膿みたいな液体が出現するようになってしまいました。

 

そこで、ドラッグストアで『キズクイックパッド』を購入したという訳です。

 

4日目からキズクイックパッドを使用!

水洗いの後にキズクイックパッドを貼付

受傷から4日目に、『キズクイックパッド』の使用を開始。

 

使用上の注意点としては…

 

・消毒液や薬など、キズの場所についてない状態で貼付すること

・毎日貼付した場所の確認をすること

・痛みやかゆみが出現したときは、剥がして確認すること

・一枚を貼付しても、最長5日以内とすること

 

注意書きには、多くの注意点がありますが、これらがポイントでしょうか。

 

なので、受傷から4日目の入浴後に、貼付を開始しました。

 

貼付後からヒリヒリ感が解消

貼付直後の第一印象ですが…

 

ヒリヒリ感がなくなりました。

 

バンドエイドを貼付していたときは、ヒリヒリ感があったのですが、これが皆無!

 

製品の特徴の一つかもしれません。

 

キズクイックパッド使用からの変化!

貼付から12時間後

貼付から12時間後ですが…

 

キズクイックパッドの内部に白い液体が滞留し始めました。

 

指で押さえると、白い液体が動く様子が分かります。

 

貼付から1日後

貼付から1日後。

 

つまり、24時間後。

 

白い液体が少し増加したような気がします。

 

痛みやかゆみは、全くありません。

 

貼付から2日後

貼付から2日後ですが…

 

白い液体がパンパンになる感じまで増加しています。

 

指で押さえると、内部が動く様子が感じられます。

 

それと、全体に何だか少し黒くなっているような気もします。

 

痛みとかゆみは、全くありません。

 

貼付から3日後

白い液体が少し少なくなった気がします。

 

また、白い液体部分の下に、黒いものが見えているような気もします。

 

かさぶたが、できているような感じでしょうか。

 

この時点でも、痛みやかゆみは全くありません。

 

貼付から4日後にかゆみが出現し剥がすことに…

4日後のことですが…

 

突然、かゆみが出現しました(意外に激しいかゆみ)。

 

なので、取扱説明書にしたがって、剥がしてみることに…

 

すると!

 

キズが随分と回復していました。

 

薄い皮が完成してますので、ここまで回復すると、あとは自然回復で大丈夫な感もします。

 

入浴後に新しいキズクイックパッドに交換しましたので、これで大丈夫だと思います。

 

キズクイックパッドを剥がすタイミングは…

意外に難しく感じたのは、キズクイックパッドを剥がすタイミングではないでしょうか。

 

・5日以内

・かゆみが出現したとき

・痛みが出現したとき

 

いずれか該当したときは、剥がして確認する方が無難かもしれません。

 

意外にリーズナブルなキズクイックパッドかもしれないこと

ドラッグストアで販売されている価格は、通常のバンドエイドよりも、かなり高めの設定なのですが…

 

・一度貼付すると、数日間(最長5日間)はそのまま貼付

・半透明なので、キズの具合をぼんやりと確認できる

 

これらの理由から、バンドエイドよりも、使用数量が少ないことは事実です。

 

さらに…

 

・貼付したときから、ヒリヒリ感が改善

・入浴でも剥がれることがない

・やわらかいので、動きに対応している

 

これらのメリットも考慮することで、少々お高めの価格設定でも、納得して購入できると思います。

 

キズクイックパッドは管理医療機器のカテゴリーを取得しているとは知らなかった…

驚いたことがもう一つ。

 

それは、キズクイックパッドが、管理医療機器のカテゴリーを取得していることでした。

 

血圧計や医療機器が取得している管理医療機器ですね!

 

ちなみに…

 

マスクは、管理医療機器ではありませんので、カテゴリーを取得している機器は少ないことが分かります。

 

そのことが、キズクイックパッドの外箱や取扱説明書に明示されています。

 

▼管理医療機器のカテゴリーを取得ですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▶︎「でなおし」ブログの健康・医療まとめ記事もご覧ください!

 

 

 

 

まとめ

キズクイックパッドのキズを治す流れを体験し、バンドエイドとは異なる治療アプローチに納得した次第です。

 

・小さなキズは、バンドエイド

・それ以外のキズは、キズクイックパッド

 

この組み合わせが、キズの治療に良い感じがするところです。