お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

今まで、iPhoneXの登場は、正直とても気にはなっていたのですが、諸事情を考えiPhone5sの継続使用をすることを決めていました。

しかし、最近、iPhone5sの調子が悪くなることがあり、いっそのことiPhoneXに機種変更しようと考えた次第です。

大人気なiPhoneXの予約は、平成29年10月27日16時01分から開始され、平成29年11月3日販売開始となります。

パソコンに不慣れで中高齢な私にとって、長期間使い慣れた機種から最新機種へ変更することは、とても勇気がいること…

しかし、調子が悪くなったiPhone5sの修理をしてまで継続使用することが本当に良いのか…

と考えるようになり、ついに機種変更を決断した次第です。

本日インターネット予約は完了しましたが、販売開始を過ぎても在庫不足で長期間待たなくてはならないとの情報もあり、正直複雑な心境です。

新年はiPhoneXで迎えることができるよう順番が回ってくるのを楽しみにしています。

iPhone5sの不具合が発生し始めました

充電不良

本当に最近発生したきたことなのですが、なんと!

充電が不良なのです。

どんな症状かといいますと、就寝前にiPhone5sを充電器に差し込むのですが、起床後iPhone5sを確認すると、充電済み%が就寝前の状態のままなのです。

そこで、直ぐに挿し直しをすると充電が開始され、完全充電まで達するのです。

私の起床時間が早いので、起床後充電を開始しても満充電の状態で出社できますから、とくに支障はないものの、やはりきになる症状です。

この症状が1週間に一度は発生するようになりました。

通話操作をしても「固まる」ことが発生

iOSのアップデートをするたびに、動作速度が全般的に遅くなるのは承知しているのですが、通話操作をして場合に、数秒間iPhone5sが固まってしまう症状が、ほぼ常に発生するようになりました。

以前から、この症状は古いiPhone5sを使用する上で避けられないことと承知してますので、可愛い機種と思えるほど普通なことと理解していました。

しかし、充電不良の症状が出現するようになってからというもの、

「も〜、ダメなのかな…」

と思うようになってしまったのでした。

可愛いと思えないほどに固まるイライラ感が機種変更へと繋がる引き金になったことは違いありません。

電池使用時間が短くなってきました

これは経年機種の宿命と言える症状なのでなんとも避けられないことだとも承知しています。

AppleWatch2を使用し始めた時から電池の使用時間が短くなっていますが、その減り具合が大きくなってきました

Appleサポートに確認してみると、8,000円程度の手数料で内蔵バッテリーの交換ができるようなのですが、経験機種になると電池使用時間が短くなる原因の一つに、他の原因の存在が否定できないということでした(内蔵バッテリー以外の原因によるもの)。

内蔵バッテリーの交換作業をした場合、その後使用できなくなる可能性も認識する必要があると説明をいただいたのです。

この事象は考えにくいと私個人的には思うのですが、ゼロでない可能性に…

「内蔵バッテリーを交換してまで継続使用するメリットはあるだろうか…」

と考えるようになりました。

これもiPhoneXへ機種変更しようと決意させた要素です。

NTTdocomoの月々サポートなどで実質本体価格が割引に

月々サポートでかなりお得に

お金の話になりますが、NTTdocomoでは、機種を交換すると月々サポートという嬉しい割引サービスが存在します。

ざっくりとした金額は、本体価格を24回払いとした場合、半額程度はこのサービスでカバーできる感じです。

ただ、iPhoneXは本体価格がとても高いので、月々サポートを適用しても、半額程度までカバできるか否か不明な点(多分カバーできないと思います)ではありますが、毎月実質割引が適用でされるので、これはとても有利ではないかと思っています。

docomoDポイントで本体価格が割引に

ファミリー契約で数台の電話を契約していますので、毎月一定のポイントが貯まります。

私の場合、新機種への乗り換えやオプション品の購入など貯まったポイントの利用が殆どありませんので、貯まったポイントをiPhoneX購入時に利用できる点はとても有利だと考えてます。

iPhone5sの下取りで実質割引に

長年使用してきたiPhone5sからiPhoneXへ機種変更しますと、iPhone5sが余りますので、下取りプログラムを活用することはとても有利ではないでしょうか。

私の場合、下取りにする予定のiPhone5sの本体には、ガラス面のひび割れやその他の大きなトラブルは皆無なので、11,000円の下取り全額は適用される可能性が大。

高額なiPhoneX購入に伴う出費抑制にかなりメリットがあるのではないかと思えるようになりました。

下取り価格一覧表を確認すると、iPhone7やiPhone6であれば、もっと高額で下取りをしていますから、下取りプログラムを活用することで、2年ごとに新機種へ変更するサイクルの確立が可能になると思うようになりました。

2年ごとに機種変更するとすれば、毎月のサポートオプションに加入する意味が薄れてきますから、かかる経費を全体で計算すると、思うほど悪くないローテーションなのかなと考えてます。

iPhoneXを購入して24回払いの月々サポートが終了すると、新しい機種へ交換するというローテーション…

いい感じかもしれません。

NTTdocomoのホームページでインターネット予約

予約方法を事前に予習

さて、インターネット予約をする際にとても心配になるのが、パソコンに不慣れで中高齢な私ですから、予約方法を事前にNTTdocomoのお客様センターへ確認をしてみました。

すると、インターネット予約というのは、あくまで予約なので、その後の購入手続きで全てが完了するというイメージが掴めたのです。

といいますのも、事前にインターネット予約を体験してみようとiPhone8で予約を途中まで進めてみたところ、下取り申し込みなど、詳細点の入力ができないことが判明したので、NTTdocomoのお客様センターへ電話をした次第です。

何をするにしても、対面や電話で行いたいという私なものですから、オペレーターへご迷惑おかけしました。

インターネット予約の実際

さて、本日(平成29年10月27日)の午後4時01分から、iPhoneXのインターネット予約をしてみました。

予約開始直前からNTTdocomoのサイトが動かない状態が継続し、予約完了した時刻は午後4時20分過ぎでした。

予約番号が連番だとすると、私の番号は45,000番台ですから、20分程度の時間で45,000個の予約が入ったと考えられます。

本当に恐ろしい予約個数だなと感心すると同時に、実際に納入される時期が随分と遅れることを覚悟したのでした。

以下の画像は、私が実際に行った手順です。

▼16:00システムエラーが表示されています。

▼これもエラー表示。

▼16:01時点でもエラー表示が継続。

▼16:21やっと予約スタートです。

▼いよいよ登録!

▼iPhoneXシルバー256GBを選択。

▼意外にスムーズに進捗します。

▼入力開始から5分程度で確認画面に行き着きました。

▼予約申し込み完了です。

まとめ

予約開始から20分程度経過時点から予約入力を始め5分程度で予約入力完了することができました。

予約番号が通し番号だとすると私は45,000番目程度の順になりますから、実際の納品まで時間を要することになるのかもしれません。

予約完了した以上は、早くに納品されることを希望したいと思うのでした。