このブログは、49歳で脳卒中(脳出血)を発症した私が、生活で感じたことを書いている雑記ブログです。

 


 

お世話になります。パソコンに不慣れで中高齢な私です。

 

マウスを長時間使用していると手が疲れてきます。

私のように脳卒中(脳出血)の後遺症である「右片麻痺の残存障害」があるとなおさらです。

 

「マウスパットはたくさんの種類があって選択に困る!」

「マウスの動きがスムーズになる方がいい…」

「手首の疲れが軽いマウスパッドがいい…」

 

あれこれ悩んでいた私でした。

 

そこで今回、比較的安価で手首の負担が軽くマウスの動きが良いと好評のマウスパッドを購入しました。

 

このマウスパッドで手首の疲れ(痛み)が軽くなりましたので、パソコン操作がとても楽になりました。

 

やはり、自分の都合に合わせたマウスパッドの選択は大切なことかもしれません。

 

▼購入したマウスパッドには手首をホールドする機能があります。確かに手首というか手全体の疲れ(私の場合痛み)は軽減されました。

 

私の右片麻痺という残存障害により手首の疲れは大きい現状

私が右片麻痺の障害を負って3年8ヶ月が経過…

 

障害の程度は順調な回復を経過したものの、パソコン操作などマウスを使用する際に手首の疲れ(手指の疲れも含みます)が大きくて長時間の作業は難しい状況です。

 

今までマウスパットは使用していましたが、手首対策が考慮されたものでない平坦なパッドでしたので、右手首が机に常に接することで疲れ(痛み)が出やすくなっていました。

 

疲れや痛みでパソコン作業が長時間継続できない状況ですね。

 

手首の疲れを軽減するマウスパッドの選択

そこで、手首の疲れを軽減するマウスパッドを検討していたところ、比較的安価で口コミでも好評価の「エレコム マウスパッド リストレスト一体型」を見つけたのです。

 

リストレストそのものが販売されていることを考えると、手首の疲れや痛みでお悩みの方は多いのでしょうか。

 

上述しましたが、私には右片麻痺の残存障害がありますので手首に配慮された商品に魅力を感じました

 

▼口コミで高評価だった「エレコムマウスパッドリストレスト一体型」

 

購入したマウスパッド「エレコム マウスパッド リストレスト一体型”COMFY”ハード」

比較的安価で手首の疲れを考慮したマウスパッド!

 

「エレコム マウスパッド リストレスト一体型”COMFY”ハード」

 

を購入しました。

 

・ボールタイプマウス、光学式マウス、レーザーマウスに対応

・リストレスト一体型

 

この二つが最終的に購入を決めた理由です。

 

手首の疲れ(痛み)対策とともに、ポインタの操作性にもこだわりたい…

 

また、将来マウス交換した場合でもマウスの方式(ボール、光学式、レーザー式)に対応できるマウスパッドがいい…

 

そんなわがまま要件を満たすスペックだと判断した次第です。

 

私の使用感!

使用開始から4ヶ月が経過しましたが、その間でのレビューをしたいと思います!

 

気になる点

はじめに気になる点から…

 

それは、マウスパット本体裏面の全体に施されている「滑り止め加工」

 

実は滑り止めの加工が強すぎてマウスパットを動かす時に「ペラ!」と剥ぐような動作をしなければならないことです。

 

それほど吸着力が強い滑り止めということができますが…

 

私の場合、デスクマットを使用している関係で強めに反応しているのかもしれません

ただ、気になる程度ですから支障なく使用できています。

 

▼驚くほどの吸着力でマウスパットがズレるのを防ぎます。

 

気に入った点

 

・マウスの動きがとても良い

・手首が当たる部分の違和感がほとんどない

・長時間使用しても手首の疲れ(痛み)がほとんどない

 

これらは痛感します!

 

とくに手首の疲れ(痛み)が大幅に軽減した点は特筆すべき点ですね!

 

また、私が使用開始した時期は冬ですので、暑さによる発汗は経験してませんが、ムレ対策の凹凸が施されているので通気性は問題ないかと考えます。

 

結果として、長時間の使用でも特段手首の疲れ(痛み)を体験することなくパソコン操作が実現できてます(適当な休憩を入れることや超長時間の操作はしてません)。

 

▼手首対策のリストレスト一体型です。なかりの厚さのリストです。

 

▼通気性向上のため空気穴があります。発汗対策にもなりますね!

 

▼私の使用イメージですが、最初に手首をリストレストに乗せます。

 

▼そのまま手首をマウスにもっていきます。

 

▼このスタイルが通常使用ですね。手首の付け根が楽です。

 

▼たまにマウスをつまむような動作をしますが特段問題はありません。

 

 

 

 

まとめ

今まで手首の疲れ(痛み)を我慢しながらパソコン操作をしてましたが、明らかに快適性は向上しました。

 

気軽に購入できる価格なのでお悩みの方は検討されても良いのかもしれません。